浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 14日

雑草が芝生に・・・・?

漁港広場に雑草が生えて困っていた。
年に2回くらい草刈機で刈っていたがそれでも草は伸びていた。

なんとかならないかと?3年前からやっているのが鳥取方式の草地管理。
理屈は雑草を数センチの長さから成長しないように刈り込んでしまえば芝生のように見える。
今は草の成長期なので10日に一度くらいの割合で芝刈り機で刈り取る。
ただそれだけの管理で一面が芝を貼ったような緑になる。


d0159062_12323899.jpg


本物のコウライやベントのようなグリーンにはならない。
「隣の芝生効果」で俺の暮らす漁港広場が、緑の広場として集落環境を豊かにしている。
見た目にもきれい。なにより草の上を歩くとなんとも言えない柔らかさを感じる。

これからの過疎の集落環境は雑草との戦いだと思う。
草刈をあきらめれば雑草が生え、次の年には草薮になりそのうちに木が生えてくる。
人が暮らしていた場所に人が住まなくなるとその地は直ぐに草木で荒廃する。

日本の田舎集落はヨーロッパのバックパッカーから見れば絶賛に値する。
京都などの印象も素晴らしいが、予期せぬ素晴らしさが里山にはあるらしい?
以前我が家に来たアジア・アフリカ・中南米の人たちもそのような表現をしていた。
毎年、町にやってくるニューヨークのジャズ・アーチストたちもそんな風に言っていた。
そこらのなんでもない集落なんだけど・・・そうかなぁ?

なんで日本の田舎が素晴らしいと思えるのか俺にはわからないが、
彼らの感性がそうだからだと思うしかない。
[PR]

by hama-no-koya | 2011-05-14 13:03 | Comments(0)


<< 快晴      クラゲが・・・ >>