浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 02日

サメ

網にサメが3匹も入った!!
3mくらいが2匹と1・5mくらいが1匹がいちどに・・・。
一匹ならたまに獲れるが今回はファミリー?で

俺の地方ではサメをフカと呼んでいるが種類の区別は昔からあいまいである。
俺の素人鑑定ではネズミサメと思われる・・・?
そいつは三角形をした鋭い歯が付いて噛まれたら重傷以上はまちがいない。
船に取り込んだら首の部分に包丁を入れ血抜きして内臓を取り出す。
腹の中身は肝臓が大部分だが胃袋もかなり腫れていたので開いてみた。
食ったばかりのイカやアジが詰まっていた。

2匹は市場に出荷したが価格は相場的に一匹2万円くらいと思う?
小さいやつは解体して「船仲間の自宅おかず」として分配した。
サメの価値は地方によって異なる・・・・
フカヒレに加工すれば高価になるらしいが俺の地方ではヒレは食べないで捨てる。
身の部分は熱湯に入れ湯引きをして酢味噌を掛けて食べる。
広島県の山間部ではサメを「ワニ」と呼び生で食べ・・・郷土料理として定着している。

サメのお味は・・・?
生で食ったことがないので刺し身の味は答えられないが、御当地で曰く”兎に角旨い”らしい・・・
俺地方の食べ方、湯引きの酢味噌かけは無味に近いがサメの香りが良い感じで食感になる。
「酢味噌」味で食べるのは匂い消しと無味を味付けするためのようにも思える。
マンボウも同じ食べ方をする。

日本全国津々浦々で昔から魚を食べ・・・郷土調理として細長く伝えられてきた・・・・
それがローカル・レシピとして暮らしの中に継承され今でも各地に残っている。
[PR]

by hama-no-koya | 2011-07-02 07:58 | Comments(0)


<< 俺の仲間      浜に植えたスイカ・・・ >>