浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 09日

カマスとアジ

カマスとアジが我が家で対決した。
夕飯に食べ比べただけ。
ほんとうは、たまたま手元にあった2匹を酒の肴にしただけ。
カマスから先に食べた。 その現場写真。
美味しいものを先に食べる俺。(アジも美味しい)


d0159062_14395494.jpg

アジもカマスも一年中獲れるが、今がいちばん美味しい。
どちらも、丸々太り脂がのっている。
そんな食べごろのアジとカマスを日常で食べる漁村暮らし。
一見贅沢のようだが、漁師の家ではよくあること。

地元の魚屋さんでは、その日に多く獲れた魚が昔から店頭に並ぶ。
アジやカマスは、切り身にしない一人用の食卓サイズ。
値段が手頃なことと、昔から季節の魚を食べてきた生活習慣が地域にはある。
漁家であろうが、務め人の家であろうが、季節の魚を買って食べる。

昔は、サバが大漁だとその地域の夕食は、そこらでサバが焼き魚になった。
それでも食べ切れなかったら、干物や塩漬けにした。
お裾分けの文化があるから、魚が漁村から周辺に行き渡る。
目黒のサンマに似た世界。 サンマは目黒に限る?
氷も高く、運賃も高く、魚の資源も多い、過ぎてきた時代の話。

今年は、カマスが豊漁で、アジは不漁。
何かが良ければ、何かが悪い。 昔から海の魚はそんな感じ。
近年は、その傾向が特に強い。
魚資源の絶対数が減ってきたからだと思う。

カマスやアジが手軽に食べられるのは、群れで回遊するから。
群れの大小はあるが、漁の技術革新で、一網打尽で魚が獲れる時代になった。
そんな魚が、安く出回るのでアジ・サバ・サケが大衆魚になった。

時代は変わっても・・・
「目黒のさんま」の意味は、変わらなく新鮮。
元祖地域ブランド。

by hama-no-koya | 2012-07-09 14:35 | Comments(3)
Commented by はるみ at 2012-07-09 18:31 x
美味しそうな写真ですね!目の毒です…(^^)
たまたま手元にあった魚を酒の肴にする日常。何と贅沢な日常でしょうか。その日常が、内陸部や若手や街の者にとって、少なくとも私にとっては、素敵な非日常です。その宝のような日常を、私達にも、見せたり食べたりとおすそ分けして頂けたら嬉しいです。地元の漁師さんだから知っている美味しい魚の食べ方が、きっとありますよね!
魚の匠の技だし、立派な食文化だと思います。日常過ぎて、分かりづらいかもしれませんが。
Commented by hama-no-koya at 2012-07-10 04:52
自慢とかしてないけどぉ・・・気がつかない幸せ!。そんな話を食べながらライブすると、もっと幸せ!?。
Commented by 浜の小屋 at 2012-07-22 11:24 x
芝生おやじさんへ。ご指摘ありがとうございました。
ご迷惑をおかけしました。あの項削除させて頂きました。
浜の小屋より。


<<       梅雨の晴れ間        女子旅 >>