浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 30日

B級食材・シュモクザメ

d0159062_4323646.jpg

強烈な画像だが、これがシュモクザメ。 地元名はカセブカ。
こいつは1.5mくらいの子供ザメ。 大きくなると3m近くになり船上で暴れる。
魚を追うので、漁には歓迎されないが昔から立派?な食材。

サメは首骨に包丁を入れ血抜し、内臓を取り出してから市場に出荷する。
内臓や血液が体内にあると鮮度が下がりやすいから。
死んだサメは、日が経つにつれアンモニアに似た臭い?が身から発生する。
市場の価格は、あまり期待できない・・・。 大衆魚でないから。

こいつの名は、和名:撞木(しゅもく)サメ。 洋名:ハンマーヘッド・シャーク。
撞木は鉦をたたく仏具。 ハンマーは「つち」。 和洋共通した見た目の魚名がついている。
頭の形がどうしてTの字になったか不思議だ。 目の付いている場所も。
サメの仲間でも超個性的な面子。 鋭い歯も付いている。
人を襲うかどうか分からないが、噛まれれば間違いなく大怪我をする。

漁村ではサメの味を知る人が多い。 大きくて一匹切ると身をそこらに分けあうから。
生で食べる地方も一部あるが、通常は湯引き(熱湯で適度にゆでる)で食べる。
酢味噌をかけて食べても、柚子醤油でもいける。
「道の駅」でたまに売っているが予想外の好評と聞く。 買う人の多くは年配の人らしい?
鮮度がいいと珍味というより、意外で癖の無いサメ味がする。

フカヒレは高級食材だが、俺の地方では製造する人がいない。
昔からヒレを食べないから。 日持ちするから海から遠い人たちが珍味で食べた?。
サメは肝臓やヒレまでお金になるらしいが、俺の地方には全くその関心がない。
漁師・仲買人・加工屋・販売屋・・・。それぞれの持ち屋があるから。

食べた人だけが知るシュモクザメの味。
サメも過去の食糧難には、貴重な蛋白源だったらしい?。

by hama-no-koya | 2012-09-30 04:33 | Comments(2)
Commented by おおむたらこ at 2012-10-01 14:56 x

こんにちは!地域共生演習でお世話になりました。山口県立大学の大牟田です。覚えていらっしゃいますでしょうか?

初めてコメントさせていたただきます!!笑


結構大きなサメですね!驚
屋久島でサメはあんまり見たことなかったんですが、時々浜に打ち上がっていたようです・・・。

Commented by hama-no-koya at 2012-10-01 17:44
おおむたらこさん、鮮明に覚えていますよ!!。 今日は、もっと大きな魚(近日公開)が獲れました。  秋です!!海辺のコスモス咲きました。


<< カジキ      B級食材・・・? >>