浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 27日

古い船・第一尾無丸




d0159062_19571967.jpg
古くなった大敷網漁の船。
新しい船ができたので使わなくなった。
先は廃船でなく九州の何処かで使うことになった。
漁の船ではなく何かの作業船になる。
建造30年ぐらいは経つ老朽船。
使われるものは古くても使った方がいい。
使わなければ廃棄物。
処分代も高い。


d0159062_19572424.jpg
船名は第一尾無丸。
尾無は漁村の名前から名付けた。
見るからに使い込んだ船。
仕事で使った船。
船も人も長年経てば染みがつく。
くたびれは感じない。



d0159062_19572556.jpg
古船だが長年お世話になった。
今になると名残惜しい。

この船で300kgの超大物マグロも獲った。
無用のエチゼンクラゲを大量に取った年もある。
思い出ではなく積み重ね。
船は変わっても漁は今後も続くから。
続けるための世代交代。


d0159062_19572506.jpg
港に住み着いたアヒル。
いつも船の周りで遊んでいる。
アヒルは古船が無くなることを知らない。
ここが居場所。
無くなれば気がつくだろう。


明日からさみしくなる。
船もアヒルも海辺暮らしのアイコン。








by hama-no-koya | 2016-11-27 04:47 | Comments(0)


<< 北の無人駅      新しい船・第十八おなし丸 >>