浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 05日

海辺で暮らす

d0159062_06404425.jpg

漁村に完成した二棟の新しい家。
これまで集落に目新しい住宅はなかった。
過疎の漁村だから。
空き家はあるが家の痛みで人の住める状態ではない。
比較的新しい空き家は家主が人に貸さない。
集落の平均築年数は60年?

海の見える漁村に住みたい。
二棟の公営住宅は、移住して漁師なる人が住む。
海を見下ろす小高い丘の上に建つ家。
暮らしが絵になる家。

設計は田舎の建築家だが、木造でおさまりの良い建物。
掃き落としのリビングで、ぬれえんも、指し掛けの洗濯干場もある。
天井裏の小部屋が隠れ物入れ。
建物は新しいが、基本は昔ながらの漁村住宅。
屋根瓦の色は赤。
漁村に赤い石見瓦の家が多いから。

生け垣はウバメガシ。
昔の漁師は仕事でカシの木を随所に使った。
船を漕ぐ櫓や船の舵。
魚やサザエを突く鉾の先竿。
垣根でありながら垣ではない風よけの年中緑の植木。
新築は無味だが、家は人が住むと景色が変わる。
入居間近の田舎漁師の家。

どの部屋からも海が見える。
洒落た言葉でいえば全室オーシャンビュー。
とは言っても漁師の住まい。

人生の海辺暮らし。
東雲のタワー住宅も良いが漁村の家も良い。
暮らしたくなる海の見える家。
幸せの予感がする海辺。



d0159062_06412045.jpg

海辺にあるアヒルの家。
単身だが、あたたかな幸せを感じる。
生命保険のCMではない。

アヒルの名前は、鳴き声からガコ。
漁村で暮らす意味。








by hama-no-koya | 2017-04-05 04:57 | Comments(0)


<< 漁村のさくら      暮らしの光 >>