浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 28日

漁村の芝生

d0159062_16591528.jpg
漁村の広場に遊び心で芝を植えた。
雑草は短く刈り込み、一部分は植木風に刈り整形した。
発想は、恐れ多くもイギリスにある有名ゴルフ場のオールド・コースの真似ごと。
その昔は、3番ホールに漁師が海に行く道もあったらしい。
そこがどんなゴルフ場か知る余地もない漁師。
気ままな遊び心と秋の空。

この場所でゴルフを楽しむわけではない。
大げさに言えば、漁師のフィールド・オブ・ドリームスだろう。
目的は甘く、集落環境の美化でもない。
冬になれば緑は枯れる。
カップがないのでホール・アウトができないグリーン。
それとなく重なるくらし。

つまらない想いも、かたちになると暮らしに満足が生じる。
似非ではなく、カヴァー曲のようなもの。
元を踏まえながら、自分の想いをかたちにする地道な作業。
出来上がるまでは周りの理解がむずかしい。
曖昧だが成り行きが面白い。

そこらにある夢のかたち。
高知県の田舎、北川村にはなぜかジヴェルニーの庭がある。
想いも規模も本物でクロード・モネの世界。
そこには人の想いを、遠くの相手に伝える人がいた。
小春の光が田舎の村にさしこむ。


美しいニッポンのむら。
雑草が生えれば草と向かい合って暮らす漁村。
花はなくても美しい村。




[PR]

by hama-no-koya | 2017-09-28 05:07 | Comments(0)


<< 海村の夕暮れ      大きなレモン >>