浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 11日

村への入り口

d0159062_04583703.jpg
漁村へ入るには二つの道がある。
駅から続く海沿いの道。
もう一つは海辺の短いトンネルを抜けてくる道。
どちらも村へと続く。

さみしい村にあえて移り住みたいと思う人が居れば、
昔から村で暮らしている人も居る。
便利でもないが不便でもない地道な漁村の暮らし。
それでも暮らしにきびしさはある。
住んでみれば分かること。
ここはどこ?
美しい日本の田舎。

d0159062_05292061.jpg
田舎で暮らすには家が要る。
田舎暮らしは現実で、あこがれや物語ではない。
暑さ寒さも身にしみる。
それでも田舎に惹かれる人がいる。
時は空き家から廃屋へ。


移住とは居住。
草刈りもあれば祭りもある。
住めば村人。

[PR]

by hama-no-koya | 2017-11-11 05:47 | Comments(2)
Commented by 堀 正史 at 2017-11-13 21:13 x
はじめまして、横浜に住んでいる堀と申します。
いつかは浜の小屋、泊まりたいと思っています。
ありがとうございます。綺麗に撮影していただいて、父の生家です。藤村さんに教えていただきました。
旧道のトンネルも、鉄橋も大好きな場所です。自分は死んだわけではないのですが、ここに行くと帰ってきたな〜ってホッとする場所です。
これからも大切にしていきたい場所です。

今後ともよろしくお願いします。
Commented at 2017-11-15 04:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 夜明け      自分好みの浪費 >>