浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 31日

ひまわり

ひまわりは、夏の花。
50過ぎの女子が、 なんだか無性にひまわりが見たいと言い出した。
60過ぎの女子を誘い、三人でひまわり畑に出かけた。

ほんとうに黄色い、ひまわりの花が咲いていた。
夏枯れの体が、ひまわりを求める。  応じるひまわり・・・


d0159062_11455072.jpg

恋を知らない若者が、 街で観た映画の「 ひまわり 」。
あの頃は、大人の恋愛映画と思った。 作者の狙いは反戦の映画?。
数万本のひまわりが、ウクライナの大地に咲く。
そこに多くの兵士が眠る。 圧巻のひまわり畑に、人のおもいが重さなる。
美しさ、悲しさ、喜び、幸せのかたち・・・。
生涯で、4・5回観る映画は少ない。  詩のような音楽にも惹かれる。
「 ひまわり 」は、そんなに名作と思えないが奥が深い・・・。

夏の、ひまわり畑で過ぎて来たものを感じた。
少女が見たひまわり。二十歳女が見るひまわり。50過ぎの女が見たひまわり。
年と共に変わる、ひまわりからの感受性。 

無数に咲く、夏のひまわり・・・。 幸せの黄色い花に見える。
会いたくなったら、会いに行きたい・・・。

by hama-no-koya | 2012-07-31 11:46 | Comments(0)
2012年 07月 29日

身近な小旅。


遠くへ行き、泊まることが旅・・・?
身近な半日の旅にも、気がつかない感動が潜んでいる。
美味しさも、楽しさも、涙もある小旅。

小旅は、限られた枠があるので、感性や感受性が旅の出来になる。
直感や人の想いで描くことが大切。 そんなかたちの旅。
好みが食い違っても、何かに向かい会う。

どこに行きたいか? なにをしたいのか? なにを求めているのか?。
自分が・・・、相手が・・・、 複数なら共有する。
身近な個人旅は、それを場当たり的に考えて自然にこなしたい。
思いつきで、大切な短い旅の時間だから。

先日、萩の小旅をした。 お昼前から3時まで。
ローカル線の少ない汽車を待つ時間。
大旅の乗り継ぎ地で楽しむような・・・。 時間つぶしと思えない。
待つ時間もあれば、待たせる時間もある。 
トランジットも旅のパーツ。

最初に、「萩シーマート」で、おみやげを買う。
お昼は、旧城下にある庭園旧家、「自宅レストラン」の畔亭。 
萩の郷土和食もあったが、時間を考えキーマカレー(☆☆☆.5)を二人で食べた。
軽く旧城下を廻り、ランドマーク?萩城跡から、足早に灯篭が並ぶ大照院へ。
旅の終わりが、東萩の駅でお見送り・・・。 
早送りも、編集もできない、良いとこ撮りの急ぎ旅。


旅のはじまりは、なんでもない海辺の駅だった
漁師の、人生に残る夏休みの日記。


d0159062_15544842.jpg


d0159062_533849.jpg


by hama-no-koya | 2012-07-29 15:46 | Comments(0)
2012年 07月 27日

夏休みの女子旅。


2012年7月27日。 真夏の漁村。
京都から電車に乗って来た一人の街女子。 そこには、暑い海辺があるだけ。
日頃を忘れ、考えることもない三日間。 うそのような漁村のくらし。 

夏の思い出から、旅先をさがした。 
地味な漁家が、そのまま宿。 いつか見た海と空。 嬉しい人の出会い。 
漁師のおやじは、再会をこころから喜んだ。

夕陽がまぶしい海辺のホーム。 長旅の列車を降りる、一人の旅女子。
思い出が、なつかしさに変わる駅。

バック・パッカーでない・・・。 田舎道でゴロゴロ・バックを引く旅の女子。
行く道なのに、帰り道。 なんでもない海沿いの道。
面影を残しながら、いつかの女子はきれいになった。
夕暮れの、海辺道を一人で家まで歩く。

  ただいま~ 。  ・・・おかえり!! 。  


d0159062_16542744.jpg


by hama-no-koya | 2012-07-27 16:54 | Comments(0)
2012年 07月 25日

夏の魚? アイゴ・・・。

夏には、夏の魚がいる。
市場に出されることもなく、人気のない魚のバリ。 学名はアイゴ。
嫌われもの魚で、自家消費されるだけ。

夏のアイゴは産卵期で、お腹にいっぱい卵子や精子が詰まり腫れている。
生き造りや洗いにすると美味しいが、網で獲れてもその多くは・・・。
俺の暮らす地方だけの話かも知れない。


d0159062_14542533.jpg

アイゴは、背ビレや腹ビレのトゲに毒を持つ。
刺されると、痛さが何時間も続く。死んだ魚に刺されても痛い。
魚の選別作業中に漁師が刺されこともあり、食べる魚をさばく時にもやられる。
釣り師は、釣った魚の釣り針を外すときにも刺される。 気をつけないとキケンな魚。
安全策で、ハサミでトゲを切る釣り師もいる。

アイゴの内臓は臭い。餌の海草が消化不良状態になっているから。
磯の香りを通り過ぎている。内臓を壊さないように魚をさばくがそれでも・・・。
生きているうちに、血抜きして内臓を出すと匂いは半減する。
そのことで匂いから、磯の香りに変わる。
食べ方しだいでは美味しい魚。 キケンと匂いで売れない魚。

アワビやサザエの餌さとなる海草が減ったのは、アイゴが食べるから?
アイゴは、朝から晩まで海草を食べているらしい。
ここ数年、海の海草が減ってきた。 その状態を磯ヤケとも言う。
ウニも餌が海草で、磯ヤケの原因の一つ。 ムラサキウニが異常に増えた。
海水温や海流などの海洋環境が変わってきたから?

一般市場に流通しない魚もいる。
加工や食べ方しだいでは、アイゴも美味しい夏の魚。
和歌山の海産物屋さんでは、アイゴが干物になっていた。
高知の「ひろめ市場」には、ウツボ料理がある。 
マンボウやカメも食べられる? 地方よって食べる食べない「魚食の文化」。

同じ毒トゲをもつオコゼは、不恰好でも扱いは高級魚。
金魚の世界なら、話は分かるが・・・。
美味しさより、食感や希少な価値感だから?

by hama-no-koya | 2012-07-25 14:54 | Comments(0)
2012年 07月 23日

コシナガマグロ 2012


今年も、コシナガマグロがやって来た。
今のところ大群れではない。
夏になると、夏の魚が昔から定置網で獲れる。


d0159062_3213444.jpg

コシナガマグロは、あまり大きくならないマグロらしい?
今頃獲れるのは、40~50cmくらいのサイズ。
このクラス(小)だと、素人にはビンナガマグロと見分けるのが難しい。
山口県の日本海側で獲れるのは、通常はコシナガマグロで一般市場に出回る。
クロマグロに比べるとコシナガマグロは、お手頃価格です。

脂の少ないあっさり系のマグロなので、夏向きのマグロ。
そのまま刺し身でも美味しいが、刻みショウガとネギを振りかけて食べる。
カツオのタタキに似ているが、味はサッパリ系で、ゆかたの夏女子。
芋焼酎の氷割りが、お似合いのカップル。 
お二人様限定、今晩「真夏の至福?」いただき!。


d0159062_22351532.jpg

クロマグロは、クロマグロの味がして、
コシナガマグロは、コシナガマグロの味がする。
当たり前の話が、当たり前でなくなるなる時代が来そうだ・・・。
そもそも、コシナガをクロマグロと比較する方が可笑しい。
食べたい魚は? サケ、それともイカ。  魚は、もっといるぞ!!

美味しさの基準をどこに持ってくるか?
日本人は、牛なら黒毛和牛の霜降り肉で、マグロはクロマグロのトロ身?
ジューシーとか上質の脂肪系が食味のポイント・・・?

前略  美食ビギナー様へ
食べる前から、美味しさを決めつけないでください!!。
美味しさも、出会いから始まるお付き合いです。
                  海の魚より

マグロにも、それぞれの個性があり、料理のかたちもある。
それに人にも、味の好みがある・・・。
理想の恋人は? 「 好きになった人!! 」 。 

by hama-no-koya | 2012-07-23 03:21 | Comments(0)
2012年 07月 21日

鳴き砂の足跡 。


近くに、鳴き砂の浜辺がある。
子供の頃、普通に鳴いていた砂浜が、いつの間にか鳴かなくなっていた。
鳴き砂を復活させよう!。 始まりは酒飲み話だった。
仲間と地道な活動を続けた。

夏が来た、昨日の「 清ヶ浜 」。 控えめながら砂が鳴いている。
広い浜辺の一部分だが、 すり足であるくと キュッ キュッ と鳴いてくれる。

長い、なが~い 「 片想い 」 の恋。 


d0159062_58597.jpg

目的はあっても、先の見えない地道な活動が続いた。
砂浜の清掃に、大型のビーチ・クリーナーを町役場が購入した。
その運用は民間でする。 必要に迫られ「鳴き砂復活隊」を結成した。
呼びかけても隊員が集まらない・・。 そうだ!、「 集まった人が隊員 」にしょう。

 チェンジ・オブ・マインド!!。
目立たない、ささやかな活動の流れが急に変わった。

日韓のWカップ・サッカー開催の年だった。
釜山のYMCAに呼びかけた。 韓国の中学生?を清ケ浜に招待した。
目的は、日韓の漂着ゴミをみんなで回収する。
韓国チームは、何日か我が家で寝泊りをした。日常や夢の話をした。
別れの朝、彼女たちが求めた素直なハグ。 胸が涙でにじんだ。

山口県に住む外国人の仲間たちが、海岸の清掃グループを立ち上げた。
山口・島根の海岸を、仲間のインタープリター?として掃除した。
現場の公用語は英語だった。 不思議に「 ゴミ 」だけは共通語だった。

代表の女性がリタイアして、自然に会が消滅した。
カナダの、ニューファンドランド島からやって来た女性が一人で頑張った。
漁師の俺には、終わりかけた活動のサポートしかできなかった。
小さなそこらの海辺にも、夏の物語がある。

海は♪ 広いな♪ 大きいな~ぁ♪。
・・・これでいいね。

by hama-no-koya | 2012-07-21 05:08 | Comments(0)
2012年 07月 19日

海辺の記憶・・・。


夏が来た 「鳴き砂」 の浜辺。
青空に、今にも消えそうな二つの白い雲。

過ぎてきた、人生の海辺がある。
忘れかけた厳冬の越前海岸。 記憶に新しい気仙沼の海辺・・・。
全ては、この浜辺が入り口だった。


d0159062_12513161.jpg

近い昔、ロシアのタンカー・ナホトカ号が日本海で沈没した。
積荷の重油が、真冬の海に流れ出した。
ドロドロの黒い重油が、丹後半島から能登半島にかけての沿岸に漂着した。
2・3日の、ボランティア旅のつもりだった・・・。

真っ黒に汚れた海岸。 全国から多くのボランティアが海辺に集まった。
真冬、寄せ集めの仲間と海に行き、寝泊りした15日間の記憶。
誰のものでもない海。

津波の被災地・気仙沼で見たもの・・・。 
複雑な心境の海辺があった。
行くべき所へ行き、見るべきものを見てきたこれからの人生。
忘れたくても、忘れることができない海辺。

引き波が流しても、寄せ波が戻す海辺の記憶。
・・・過ぎてきた私の海の日。

by hama-no-koya | 2012-07-19 12:51 | Comments(0)
2012年 07月 15日

イサキが美味い。

イサキの旬がそろそろ終わる。
旬が終わっても魚は獲れ、それなりに美味しい魚。
回遊魚と根魚の中間的な魚。 繊細な味より身近な美味しさ。

そこらの垣根に巻く、青色の朝顔・・・そんな食感。
女子的には、いちばん好きな普段着・・・?。


d0159062_16161732.jpg

旬が終わっても、魚が不味くなるわけではない。
魚の美味しい食べ頃は、産卵期の1・2ヶ月前くらいだろう。
体力をつけるため餌さを旺盛に食べ運動をする。 体に良質な脂肪がのる。

小太りで元気な魚の卵巣や精巣は大きい。 だから繁殖力が増す。
それがイサキの種になり、大切な子孫や資源につながる。
その魚を、美味しいから人が食べる。
漁師は、食物連鎖の外側にいる身勝手な生き物。

昔は、「イサキの生き腐れ」の言葉が漁村にあった。
そこらの家庭に冷蔵庫が無い時代の話。
白身系の魚だが旨味分が多い。 その変化が早く、鮮度が落ちやすい。
その魚は、生で食べるより無難に焼き魚や煮魚にした。
魚の特性を生かした調理で結果的に美味しい。

今晩のイサキは、大型(40cmくらい)で美形。
泳いでいた魚。食べる一時間前に残酷にも首の骨を折り血を抜いた。
地元では、その生き〆処理を「アゴ折」ともいう。
魚を海水氷に浸けて30分冷やす。 それから料理する。
流れを動画にすると、確実にR指定になるだろう。
生き〆イサキの食感は、サクサク感の優れた国産スマートフォン。

美味いイサキの刺し身だった・・・。
ピンポイント的な地の利。 同じ魚も、食べ頃時間で食感が変わる。
漁村に伝わる、美味しいイサキの食べ方。

by hama-no-koya | 2012-07-15 22:39 | Comments(0)
2012年 07月 13日

         漁村の夜

                       
                             人が帰った夜は、さみしい。
                      
                       いつもの漁村に戻る、ただそれだけのことだが・・・。

                           出会と別れをくり返す、海辺の暮らし。
  
                              おもいでと、現実の狭間。


d0159062_20524894.jpg


                           漁村に大雨が降った。 カミナリも鳴った。

                                 昨日でなくて、よかった。

                          それぞれの、「海からの贈りもの」が書けたから。


                        旅人が、旅をしなくなった。 旅人が、我が家に来るから。

                              漁村に居ながらにして、旅ができる。

                           旅をしてきた人と、これから旅に出る人がいる。
                                 

by hama-no-koya | 2012-07-13 20:53 | Comments(0)
2012年 07月 11日

      梅雨の晴れ間

  


                              梅雨の晴れ間は、貴重な晴れ。

                          お母さんにとっては、洗濯日和かも知れない。

                             俺にとっては、こころの洗濯日和。

                                つかの間の、晴れた日。



d0159062_14342375.jpg


                           漁師のお母さんが、海辺にひまわりを植えた。

                                コンクリートの隙間に一本だけ。
  
                           真夏が待ちきれないのか、ひまわりの花が咲いた。


                                 海辺に、コスモスの種をまいた。

                                    秋には、花が咲くから。

                            チューリップ、ひまわり、コスモス、海辺のリレー。

by hama-no-koya | 2012-07-11 14:34 | Comments(0)