浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 29日

親父の自転車




d0159062_18592780.jpg



親父が死んで15年になる。
息子に残したものは古い家と小船と一台の自転車。
小船はさんざん使って廃棄処分した。
家と自転車は今も現役で残る。

他には、稲作をしていたので農機具の一式があった。
トラクターを残してみんな廃品回収に出した。
稲作の思い出、道具は鉄くず。
海辺の棚田は変わり果て今は草薮と化す。
それも映る暮らしの自然。

以前は、漁師をやりながら田圃を作っていた。
家は二足の草鞋を履いて働いた。
その頃は職業欄に半農半漁と苦肉で書いた。
忙しいだけで儲からない家業。
過ぎた青空だけが残る。

親父が残した白い自転車は今も現役。
旅人が気軽に使うから。
すり減ったタイヤはこれまで何回も交換した。
海辺にマッチする白い自転車。
なんでもない暮らしの道は漁村につながる。
海風と陽があたる午後の帰り道。
気ままにこぐペタル。



自転車は昔から人の力で動く身近な乗り物。
田舎も街もない用途。
人力の輪が世界中で転がる。


田舎の海辺道。
未来へこぎだす親父の残した自転車。
たまにパンクする。



d0159062_22492093.jpg







by hama-no-koya | 2015-01-29 05:09 | Comments(0)
2015年 01月 26日

自動販売機




d0159062_18414248.jpg


ここはどこ?
ここは○○の集落。
他所の場所でなく、私の暮らす漁村。
昔は小店が二軒あった。今は赤い自販機が一台あるだけ。
採算とは関係なく?村人には必要な機械。
村人の喉を潤す赤い自売機。

機械にいらっしゃいの言葉は無い。
お金を入れると、
ガチャ~ン・ゴトゴトといつもの音を出す機械。
取り出し口に温かい缶が落ちる。
寒空に安心する村人。
聞きなれたなじみの音がする赤い大きな箱。
漁村の暮らしと自動販売機。


田舎が好きな人がいる。
何かと不便だが住み慣れたいつもの場所だから。
田舎で暮らせば苦労もあるが面白い。
一昔前のジュース瓶が今も大切に保管されている。
瓶の行き場所が無いから? 意味不明。
飲み物の容器が、ガラスからペットや金属に変わった。
軽くて丈夫だから。
人の代わりを機械がするハイテクな時代。
孤島でもないがガラ系の漁村。


田舎にも流行はある。
置いて行かれたさみしさが漂う。
田舎のかたすみ。



d0159062_18414339.jpg


空き家が増えて田舎が徐々にさみしくなる。
その中で幸せに暮らす人がいる。
自分の居場所で・・・。


田舎で暮らしてみたい家族がいる。
漁師仲間が二人増えた。
捨てたものがあれば拾うものもがある。
田舎で暮らす意味。







by hama-no-koya | 2015-01-26 05:18 | Comments(0)
2015年 01月 22日

ゆすはらの町




梼原は四国の山の中にある。
竜馬脱藩道の目的で旅をしたときに遭遇した町。
田舎町の再生可能エネルギーに驚く。
とにかく不思議な田舎町。



d0159062_18532696.jpg
まちの駅ゆすはら マルシェ・ユスハラ



近頃は木材を使った大型の建物が多くなった。
阿武町は昨年「道の駅」を思い切って大胆にも建て替えた。
新しい建屋は木造で、広くて横に長い。
全体の基本構想は地元の施主と設計事務所だろう?
直売所には新鮮な野菜や魚が並ぶ。
人が集まる元祖道の駅。


梼原にある「まちの駅」は同じ木造だが広くない。
建物の外見は賛否がありそうだが?
中へ入ると吹き抜け空間が広がり、直売所と宿泊施設が収まる。
コンパクトでどこに何があるか一目で分かる。
店員も客も使い勝手が良さそうで、おさまりの良い設計。
屋内の建屋を支える柱が構造的に面白い。
昔の家には大黒柱が存在する。ユスハラには枝付の幹柱がある。
建物だけでない、売り場全体がコンシェルジュのようだ。
メンテナンスから接客まで利用者目線の設計。
古くて新しい田舎町のシンボル。
町と建築家の作品。



d0159062_18532619.jpg
梼原町総合庁舎



梼原の町役場を訪ねたのは12月の31日だった。
休日窓口の職員が突然現れた見知らずの旅人を心よく迎え入れる。
役場のエントランスホールにグランドピアノある町。
偶然に誰かがショパンを弾いていた。
コンサートホールのようなピアノの響きだった。
金融機関の窓口も二つある。
外は雪が降って寒い、建物の中は微妙に温かい。
床に暖房が仕組まれているから。
再生可能エネルギーの町話を聞いた。
太陽光だけでなく風力や水力まで活用した町の発電力。
夜道に自前電力の灯りがともる町かど。
四国の山奥とはとても思えない。

旅の目的には色々ある。
名所旧跡めぐりから体験まで多様化した現代。
幕末から維新に海外へ渡航した役人たちが、観光の原点らしい?
地方の創生と観光の意味が重なるが・・・
単なる視察やツーリズム。


思いがけない場所で、
思いがけないものに出くわすことがある。
だから旅は楽しい。







by hama-no-koya | 2015-01-22 05:03 | Comments(0)
2015年 01月 20日

冬の東京




d0159062_18262278.jpg


若いころ都会にあこがれて街に出た。
田舎が嫌でもなかった・・・
十数年間都会で面白く暮らして田舎に戻った。
都会が嫌でもなかった・・・


昨年の暮れに東京に上った。
都会の夜は田舎者の想像をはるかに超えていた。
赤坂のスケート広場や、街のそこらに青い光が輝いていた。
アミューズメントの施設でもないのに。
そこらの街中が美的で楽しい。

昔は目黒といえばサンマを連想した。
田舎ではスイカといえば畑の作物。
田舎者は人の多さと都会の空間に嬉しく戸惑う・・・。
人の感性は興味や珍しさをこえる。

雑踏の通路や人の流れまで様になっている都会。
歩く姿に旋律まで感じる。
五線紙に書かれた音符のようにリズミカルに歩く街人。
演奏でも演技でもない日常の茶飯事が。
渋谷の駅中は大きな舞台だった。



d0159062_19051592.jpg


都会の中にも地域づくりがあるとおもった。
場所に個性や色調がある。
都会は芸術やセンスが街にあふれる。
田舎にはないものが・・・
渋谷駅にある壁画「明日の神話」はなぜあの場所にある?
行きかう多くの人が作品を鑑賞できる。
あの作品にはものづくりの膨大なドラマがある。
それを知らずに通過する・・・。




d0159062_17105030.jpg


谷中は東京でも田舎だと思える場所。
古い建物が残り、人通りに地域や暮らしを感じるから。
町内にある日常の谷中銀座。
昔は、どこの市町にもあったにぎやかな商店街。
今は、その存続が難しい。


過疎の田舎町にも新しい施設が出来上がる。
住民の暮らしと町の活性化のために。
施主や企画者や地域住民が勉強をしなければならない地方の創生。
地産地消や補助金にたよる地域づくり。
公共の建物は町のランドマークであり看板である。
建物は今を活き次の世代に残る。

田沢湖の駅舎の設計はプリツカーの建築家だった。
直島の「海の駅」もそうだった。
梼原の役場庁舎は木材を多用した有名な建築家の作品だった。
田舎町にも素晴らしい建築物はある。


旅をして記憶に残ったまち。
建物や人は、良くも悪くも地域の印象に変わる。
目黒川も渋谷駅も谷中も地域づくり。
ちがうのは手法と思う。







by hama-no-koya | 2015-01-20 05:11 | Comments(0)
2015年 01月 16日

名振の浜




d0159062_23360352.jpg


尾無の集落から旧国道を北へ30分歩く。
曲がりくねった狭い車道。
道端に一畑薬師出張所を案内する石柱がある。
そこから山道をしばらく歩くと砂利浜と青い海が開ける。
きれいな海辺だが・・・
地元では秘境の浜辺としてあまり近寄らない。
浜辺に行く意味がないから。


浜辺に降りると見渡す限り人が造った構造物が無い。
打ち寄せる波と浜の小石が奏でる海辺。
その景観は殺風景でさみしい。
浜辺はきれいだが漂着したゴミがやたらと多い。
だれも掃除をしないから。

生活ゴミから漁具まで色々あるが、海外からのゴミもある。
浜歩きを休める長いベンチ風の流木もある。
意味不明の大きな物体もある。
どれも作品とは言い難いが見方によればおもしろい。
漁具やペットボトルは見慣れたゴミ。
波で磨かれた変わった流木。
自然や人類が使い残した価値のないの物ばかり。
それでも一見の価値がある。


田舎には誰にも相手にされない風景がある。
そっと楽しみたい無印の場所だが、
独りでは寂しすぎる。



d0159062_19311880.jpg



浜辺に漂着した謎の物体。
未確認飛行物体にも、巨大な鉛筆にも見える。
もしかして危険物?
こいつは、一昔前なら確実にトマソンである。
大人の思いが無心にはせる。

名振の浜辺は無料の資料館。
砂利浜のプロムナードを意味もなく無駄足で歩く。
こんなところに日常の穴場?
ここは、ギャラリーの原点を意味する場所。
無類の光景が静かに眠る。


時代に埋もれたローカル遺産。
そのままでもいい。
開発すればその意味が無くなるから。






d0159062_19311848.jpg






by hama-no-koya | 2015-01-16 05:05 | Comments(0)
2015年 01月 12日

隣町の萩市




萩市に囲まれて阿武町がある。
平成の大合併で近隣の町村は萩市と合併したが、
阿武町は単独町制を選択したから。
住民はその合併に賛成でも反対でもない流れに任せる。
賛否の比率は50:50の並行模様だった。
役場も議会も住民も選択を迷う。
当時の町長が締め切り前、「阿武町を残す!」と言い切った。
あれから順風の数年が過ぎた。

阿武町で暮らしていても萩の存在は大きい。
買い物や飲み会を萩でするから。
阿武町に住んでも隣の萩は暮らしの生活圏。
なのに市町の境目は存在する。



d0159062_21343687.jpg


萩で一番好きな明倫小学校の建物。
古き時代の保存か、取り壊しで校舎が問題になる。
基本は和なのに少し洋風がいい。
感じる文化遺産。

阿武町の廃校した小学校の校舎は老人福祉施設になった。
その分校は集落の公民館になった。
大きな箱ものや文化財の維持やリノベーションは難しい。
通常のメンテナンスや解体費用など。
ガラスや壁板一枚一枚なら解体しても思い出は残せるだろう。
萩はそこらに昔が多く現物で残っている。


子供が多かった時代が過ぎた。
その多かった子供たちが今は老人で暮らす地方。
思い出として大きな建物が今も残る。
夢のある建物と建築家。



d0159062_12282580.jpg

四棟の大きな校舎が三本の屋根通路でつながる。
水練池があり有備館ある。
その昔は毛利の藩校で武芸や練兵の場だったから。
今の校舎は昭和の初期に建てられた。
漆喰や下見板張りの壁、屋根瓦・・・どれにも味がある。
子供たちが使い残した建物だから。


d0159062_11263303.jpg


武家の屋敷や古い小学校の建物が今も残る萩市。
過去の歴史が今と重なる。
商店街もあるが人通りは少ない。
東京から新幹線とバスを乗り継いて約7時間かかる萩。
昔は遠くても殿様がいて城下が栄えた。
歴史は変わらないが良くも悪くも未来は変わる。
やがて地方の創生が始まるだろう。
市町が生き残るために。



d0159062_00312837.jpg


商店街から量販店へ
一昔前の武家屋敷や旧家が町並みとして今も残るが、
世界の萩にも時代のながれはある。
阿武町で暮らしていても買い物は萩市でする。
萩は大切な隣家であり共同体。


阿武町らしさとは、それは合併しなかったこと。
いい時代に生まれ、いい町で暮らす実感。
山口県阿武町で年賀状が届く。









by hama-no-koya | 2015-01-12 05:11 | Comments(3)
2015年 01月 06日

予土線 しまんとグリーンライン




d0159062_15245022.jpg
予土線土佐大正駅



新幹線の走らない地方の田舎町に新幹線を走らせる。
難問で絶対に無理である。
本気で考えれば無理難題もかたちとなる。
四国の山間を走る0系の新幹線車両?
一見笑らえるが、近寄れば真面目で楽しい鉄道車両。
乗客は過疎の町で暮らす人、そこを訪れる人。
沈下橋と0系新幹線の二枚の看板。
四万十川流域の町。

面白い四万十のローカル線。
JRが思いついたのか? 地域住民が思いついたのか?
いずれにしても素晴らしい。
遊び心とシリアスが合体した過疎地の町おこし。
四万十の川と山が育む企画。
なにより夢のある「田舎らしい基本構想」がいい。
アヒルの子は白鳥にはなれない物語。
アヒルにも良さはある。




d0159062_15244968.jpg


d0159062_15245021.jpg
予土線土佐大正〜土佐昭和間



山口県北部地方。西日本海沿いに伸びる山陰本線。
走る列車は各地で使い古した色々な車両。
利用者は沿線で暮らす少ない住民。
言わずと知れた過疎。

山陰本線の宇田郷駅と須佐駅の間に立派な鉄道橋がある。
今年81歳になる美しいコンクリートの作品。
日本海に沈む夕日が車窓から見える・・・

橋を渡る列車のスピードを落としてもっと景色を楽しみたい。
それとなく車内アナウンスもほしい。
列車は交通の手段かも知れないが楽しい乗り物でもある。
使いまわしの中古の車両にも愛着や味がある。
使えばその土地に馴染むから。


四万十町の線路端も田舎だったが、阿武町の線路端も田舎。
予土線打井川の駅は四万十川の縁にあった。
山陰線宇田郷駅は日本海の縁にある。

海沿いの田舎町を走る列車。
寄せ集めたような、赤車両と黄色車両の二両編成。
役目が終われば鉄くずになる。
人が乗る箱が・・・

現実と希望のはざまで暮らす。
美しい沿線の村。



d0159062_17095448.jpg
山陰本線宇田郷駅付近







by hama-no-koya | 2015-01-06 05:37 | Comments(0)
2015年 01月 02日

旅先で出会った南瓜




漁師が旅をしなくなった。
漁村にある小屋を旅人が訪ねてくるから。
田舎に居ながらにして旅をする。
「絵のない絵本」のように。



d0159062_17584580.jpg



d0159062_17532416.jpg


それでもたまに旅に出る。
直島のカボチャで始まって、秋田のカボチャで終わった昨年。
六本木のヒルズにもカボチャが置いてあった。
旅の印象がカボチャの作品。
そこらに展示されたカボチャが頭から離れない。
単純な発想で一方的な恋心・・・。
不思議な旅の出会い。



d0159062_22355768.jpg


海辺の田舎町にもカボチャがほしい。
無理とは分かっていても。
町のイメージや、らしさって一体なんだろう・・・。
田舎町に南瓜が必要。

いつか、鹿児島の霧島と長野の松本へも行きたい。
そこにも南瓜や水玉があるから。
末端にいて先端をみる。
ほのかな希望。


第四コーナーを回った田舎町と漁師、
想いは今年もかわらない。






d0159062_21322963.jpg







by hama-no-koya | 2015-01-02 07:11 | Comments(0)