浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 28日

汽車と焼き鳥屋。




d0159062_18333238.jpg


汽車に乗って焼き鳥屋に行った。
キハ40・2121首都圏色の別名タラコ列車。
反対側のホームに止まっていたキハ120 3・・ラッピング列車。
40は重厚で車両の風格を感じるが、120は軽量なアルミの箱車?
キハ40は旅車で、キハ120は只の移動車が目的。
窓を背にする長椅子は田舎旅には似合わない。 
120の窓に下がるカーテンが家庭用ぽい。
窓が開かないからだろう。
嬉しいことは、どちらの車両にもトイレが付いている。
沿線の田舎駅にはトイレが無いから。
ローカル線の車両も、時代背景や製作目的を比べれば面白い。
たまに乗って感じる列車の形式。



d0159062_18333172.jpg


山陰本線の萩〜長門で見かけた風景。
赤い瓦の漁村、石積の漁港、水の張られた田圃。
車窓に広がる日本海・・。
田舎者にも美しいと思う日本の田舎風景。
列車が移動しているのでなく、窓に映る生画面が替わる。
近頃は高速化で、窓の絵も早送りが多い。
車両の音すらもミキシングされた。
列車の移動は五感で楽しむ。
快適とは、静かな揺れない奇麗な乗り心地?
環境は目的と個人差。



d0159062_20015694.jpg



長門の駅前にある焼き鳥屋。
午後の明るい内から開いているので便利なお店。
狭い店なので数人しか入れない。
旅の途中に入れる。 昼間から焼き鳥で軽く一杯飲める。
鳥だけでなく地魚の干物もある。
店内の雰囲気は居酒屋というより、本来の焼き鳥屋風。
焼き鳥が普通に美味しい。
特別を求めなくても気軽な満足が体にしみる。
のれんをくぐれば即焼き鳥。



d0159062_18333160.jpg


身近にある空間を楽しむ時間。
興味が無くても洞察力があれば楽しくなる。
汽車と焼き鳥がつながる面白さ。


思いつきの・・・
何気なくそこらの近所旅。







by hama-no-koya | 2015-05-28 04:47 | Comments(0)
2015年 05月 25日

海から見た惣郷鉄橋




d0159062_20452974.jpg



山陰本線の宇田郷と須佐の間にある美しい汽車の橋。
全国から撮り鉄マニアが集まる。
多くのカメラは陸上から海と橋と車両を重ねる。
おとなしい日本海の夕暮れ時。

漁師は汽車の橋を海から見る。
スクリーンから客席を見るような感じ。
手前が海で橋と車両と背後に新宮山が目立つ。
凪の日には橋脚が海に映える。
新緑の山が迫り映る。



d0159062_23494153.jpg


列車を待つ間に退屈だから釣り糸を下げてみた。
恋人でもないが待つ時間は長い。
穏やかな海の上。

夕方の6時頃に2両編成の列車が橋を下る。
キハ47系の古い車両。
赤い車両は別名をタラコ列車と呼ばれている。
ならば黄色い車両はタマゴ焼列車。
タラコとタマゴ焼きの相性は誰もが知る組み合わせ。
鉄道マニアでなくても、ほんのり美味しい風景。
暮らしのステージだが無二の贅沢。
漁師冥利に尽きる。



d0159062_00003679.jpg


新宮山と惣郷鉄橋。
普段気にしなかったが、ふるさとのランドマーク。
旅人が教えてくれた貴重な資源。
橋も車両も人が造る。 自然にとけ込めば芸術の作品。
旅の高速化で忘れられたローカル線。
無印だが素朴な美しさを感じる。
心にも残る風景。


乗り物が機械らしくない現代。
列車も航空機もみんな同じ形になった。
キハ40系の色あせた赤い車両は汽車のなごり。
旧式の列車が野山を走り海辺の橋を渡る。
車両の赤い色は首都圏色らしい。
海に沈む夕陽の色ではない。
日に焼けた朱色。


なんでもない海。
公園でも遺産でもない自然の風景。
ふるさとの輝く海辺。

空の色が青いと感じた日。
海と汽車の橋。



d0159062_23493605.jpg






by hama-no-koya | 2015-05-25 05:00 | Comments(0)
2015年 05月 21日

海辺の露天風呂




d0159062_23214431.jpg



田舎に空き家がある。
誰か住まないかと町役場は幅広く入居者を探す。
対する街からの問い合わせはあるが・・ 
物件の保存状態はさまざま。

家は人が住まなくなると数年で朽ちてしまう。
空き家とは人が住める状態の家。
廃屋とは人が住めそうもない見捨てた建物。
そんな建物が多くなる田舎。


空き家の裏庭にある、
今は誰も入ることもない露天風呂?。
海が見える湯船。
もったいない気がする。
沈む夕陽を自宅露天風呂から見ることができる?
家が健在ならのこと。



d0159062_23213471.jpg



人が住まない家の周りに生える草。
田舎でよく見かける風景。
田舎を去る人がいれば、田舎を求めて来る人もいる。
人にはそれぞれの想いがあり、暮らしがある。
住めば都になれない街もある。
住民の選択肢。
廃屋が目立つのは田舎だけのことではない。
人口が減れば住む家も減る。



d0159062_23213714.jpg



海辺の暮らしとは、海辺で生きること。
一歩踏み込めば周りの景色が変わることもある。
海を眺めて暮らす人。
海で働く人。

人は生まれてくる場所は選べないが、
暮らす場所はその気になれば選ぶことができる。
生まれた場所で今も暮らす漁師。












by hama-no-koya | 2015-05-21 04:56 | Comments(0)
2015年 05月 18日

大敷網の神様




d0159062_16170845.jpg


大敷網に守り神様を設置する。
神社でお祓いされた御幣を神棚代わりの浮標に結ぶ。
大敷網の無事と大漁を祈念するために。
今も昔も変わらない神事。

自然が相手の漁師仕事。
いくら頑張っても魚が回遊しなければ漁にならない。
予期せぬ大時化で漁具が破損することもある。
危険と隣り合わせの作業もある。
漁場を見守る現場の神様。



d0159062_16170840.jpg



神様の設置が終わると、お神酒と五色の紙吹雪で清める。
何十年もそうしてきた漁師の神事。
それを脇で見てきた人が、今はその役目人になる。
大敷網に伝わる大切な行事。
伝統漁法の大敷網。



d0159062_16170875.jpg


一年の無事と大漁を祈念する漁師。
いつもと違う真面目顔。
積み重ねたもの。


店頭に並んだ魚の先にある知られざる世界。
昔から伝わる大敷網漁。
近頃はベンチャーな漁業もあるらしいが、
漁師らしく生きる漁民。

年をとると体の言いごとも多くなる。
昔から達者が資本。



d0159062_16351306.jpg






by hama-no-koya | 2015-05-18 04:50 | Comments(0)
2015年 05月 15日

漁村の鯉のぼり




d0159062_21024029.jpg


屋根より低い鯉のぼり。
男の子が生まれたら鯉のぼりを泳がせる漁村だが、
何年も男子が生まれていない。

昭和24年4月から25年の3月までの1年間に、
漁村で生まれた男児は5人いた。
過ぎた遠い昔の同級生。
その一人が今も生まれた漁村で暮らす。

漁村を泳ぐ団地サイズの鯉のぼり、
都会でなく漁村で泳ぐ。
奔放で元気な鯉。



d0159062_21024085.jpg


歩く人がいない昼下がり。
それでも漁村には季節の風景がある。
人が暮らしているから。

五月の空に鯉のぼりを泳がす大きな意味。
桃の節句と端午の節句を祝う。
どちらも子供が主役。







by hama-no-koya | 2015-05-15 21:34 | Comments(0)
2015年 05月 14日

春の大敷網




春の大敷網漁はあまり期待できない。
毎年のことなので、気にせず思わぬ大漁を待つ。
昔は春ハマチが大群で押し寄せていたが近年はさっぱり。
かといって全くダメ漁ではない。
小アジやイカがそこそこ獲れるが・・・
小物だから手間はかかるし、水揚げ金額も伸びない。
年間を通じればそんな時期もある。
気長に大漁を待つ漁師。



d0159062_11180241.jpg


小アジは中小に選別され、道の駅や萩市場に出荷される。
大半は鮮魚として扱われるが、一部は養殖の餌用になることがある。
干物用もあるが全体からみればわずかな量。
小アジの使い道は多い。

昔はアジ・サバが大量に獲れた。
食用に余り、魚粉に加工され飼料や肥料になった。
アジは群れで回遊するので比較的まとまって獲れる魚。
小アジは獲れすぎると暴落する。
その逆もあり獲れないときには極端に少ない。
品不足でアジの価も高くなる。

一本釣りでとれたアジは高級に扱われるが、
網漁でとれたアジの価格は安い。
大敷網漁のアジは、大量の氷を使い扱いが良くなった。
釣りアジに近い鮮度を保てるようになった。
網でとれても美味しい魚を供給できる。
お買得のアジが市場に出回る。



d0159062_11180245.jpg


ヤリイカが終わると本格的にケンサキイカがとれる大敷網。
今年は、とれるイカの量は多いがサイズが小さい。
市場の価格は高くもなく安くもない。
イカは一年を通じてとれる。

アジ、サバ、イカは昔から馴染みで多く獲れる魚だが、
近年は絶対量が少なくなった。
それでも大衆魚として流通するが、
消費人気はサケには勝てない。
輸入魚と国産魚、相撲の世界とどこか似ている。
つぶしの効かない漁師。





d0159062_11180211.jpg


大敷網は色々な魚が獲れる。
大きな仕掛けの網だから一度に獲れる量も多い。
ほぼ周年操業ができる。
操業時間が短く漁場が近い。

海のことだから漁の行方はわからない。
春は漁の始まり。



d0159062_11180271.jpg






by hama-no-koya | 2015-05-14 18:00 | Comments(0)
2015年 05月 11日

漁村の呑み会




五月の三日は漁村の呑み会。
主催は集落の自治会で、ほぼ全戸の大人が集まる。
今年の参加者は約三十数人。



d0159062_16351216.jpg


呑み会の準備は皆でする。
大敷網で獲れた大きなタイとブリが肴となる。
それにスミイカが加わる。
大きな魚の解体は男手がする。
刺身に切るのは女子が当たり、料理を皿に盛りつける。
見栄えはともかく指示のない慣れた手つき。
漁村では昔から魚が主な宴会料理。
自前でそれしかないから。



d0159062_18251762.jpg


呑み会の会場は集落の公民館。
田舎にしては上下水道・エアコン完備・二層式のシンク・・・
食品衛生法や消防法を踏まえ、数年前に集落で整備した。
避難場所として耐震も重視した。
高齢者の使い勝手を考えて納まりのいい設計にした。
出費はあったが、集落の身近な拠点。
予算の関係と将来人口の予測で建坪を縮小したが、
漁村の公民館にしては出来すぎ。

設計段階から女子の意見や年寄りの言い分を大切にした。
納得のいくまで皆で話し合った。
工務店にお任せや行政指導でない地区の箱ものづくり。
基本は集落の寄合場所。



d0159062_16351326.jpg


漁村女子が切ったブリの刺身。
美味しさだけでなく、どこかに漁村らしさを感じる。
大きい魚は部位によって旨みが異なる。
公平に皿盛りするにはそれなりの手順がある。
腹身と背中身と下半身・・・

昔は葬儀も祝儀も自分たちで煮炊きをして膳を準備した。
惜しみもなく魚を切って客をもてなす。
過ぎてきた集落宴会を年配女子は忘れていない。
昔取った杵柄と生活習慣。
郷土料理とは言えないが漁村の寄り合い料理。
海辺らしさを素朴に表現。
呑み会とはいえ料理が先で飲酒がその次。
飲み物も発泡酒や焼酎が主流。
自宅でも居酒屋でもホテルの宴会場でもない地元酒。
飾らない膝を崩した呑み会。



d0159062_16351258.jpg


近頃は手作り料理に市販の箱弁当を加える。
準備や後片付けを自分たちで担当すると宴席が半減するから。
女子も男子もその日やその場を同等に楽しむ。
洗い物を減らすため使い捨てのコップ。
食器はある施設で使った払下げで、軽くて割れない器の再利用。
見栄でなく、限られた予算と機能的な備品。
使い勝手で物品をそろえた。
それに器が破損すれば誰かが傷つくから。
年寄れば誰も不器用になる。



d0159062_16351212.jpg


ブリとタイとスミイカの刺身に、コンニャクが多めのアラ煮炊き。
漁村の呑み会にはお客様がいない。
皆は仲間として集うがなんとなく年配を配慮する。
ローカルマナーで昔からの名残り。

お世話になっている役場の保健師を呑み仲間にした。
これが脚本を超えての大当たりだった。
一人でなく二人の若い女子が加わると場に明るさをもたらす。
世間話も健康管理の話もする妙な呑み会。
保健師のコミュニケーション能力は自然で素晴らしい。
潜在能力と同時に村にとって彼女たちの必要性を素直に感じた。
呑み会で仕事以上の効果的な仕事をした二人の女子。
住民と保健師の距離が近くなった。

病気になって初めて知る健康の有難さでは遅すぎる田舎暮らし。
救急車の到着時間が約30分もかかる医療過疎の漁村。
予防医療を担う田舎町の親切な保健師。
住民の健康意識の向上。



d0159062_16351308.jpg


晴れた漁村の翌朝。
いつもの海辺で暮らす幸せな人々。
近所でもたまに会う人。
散歩するお年寄り。

空の色は昔も今も変わらない。



d0159062_18424241.jpg






by hama-no-koya | 2015-05-11 05:00 | Comments(0)
2015年 05月 07日

ムラサキウニ




山口県の宇田郷では12月から4月までムラサキウニを採る。
地元では、ムラサキでなくクロガゼという。
5月は、すべてのウニ漁を休む。
6月の10日からバフンウニとアカウニを採る。
バフンウニは7月末で取り止め、アカウニは8月末で取り止める。
ウニには種類があり、その漁期がある。
漁師はウニの資源を管理しながらウニ漁をする。
ウニの資源を絶やさないため。



d0159062_23291033.jpg



ウニの中でも一押し食味はムラサキウニ。
小粒で見劣りするが、味はどのウニにも負けない個性がある。
消費者の多くはビジアル系、そのためかムラサキウニの価格が安い。
お手頃で美味しくてお買い得なウニ。
そのムラサキウニが宇田郷では5月から食べれなくなる。
ムラサキウニの漁期が終わるから。

食べれなくなるムラサキウニをあえて紹介する。
その意味は単なる不純な想い。
消費者はウニはみんな同じと思うが、漁師や市場で差がある。
ウニの味や形には、微妙なな個性がある。
見た目も育つ環境もちがう。



d0159062_23291013.jpg



ムラサキウニは繁殖力が強い。
海底でウニが育ち過ぎるので駆除する。
アワビやサザエの餌となる珪藻を食べるから。
増えれば珪藻類を食い荒らす。
その場所を磯焼けともいう。
そこに生息するムラサキウニは市場価値が全くない。
ウニ殻を割ると黄色い食べる部分が無い。
内は黒い内臓だけが入る。

ムラサキウニそこらにいるが・・・
漁師は、場所を選んでムラサキウニを採る。
色よく実入りの良いウニを求めて。
値も良く美味しいから。


殻を割り身を取り出す。
黄色い部分だけを選別する。
箱につめる・・・
それを食べる人。







by hama-no-koya | 2015-05-07 05:05 | Comments(0)