<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 30日

阿武町役場と豊島区役所




d0159062_16162296.jpg


庁舎は自治体の本丸でシンボルでもある。
阿武町役場も耐震補強され、内外ともに立派になった。
住民サービスや窓口対応も見直された。
三千数百人が暮らす田舎町。

耐震問題で、今の庁舎を補強か新建かの選択肢で、
阿武町はこれまでの建物を補強した。
その経緯は知らないが住民の関心はいまひとつ薄かった。
新築には膨大な費用や移転業務の問題もある。
デザインも基本設計も悪くない。
緑も石も庭もある。
先の見通しと予算の関係もあろうが、
古くなく補強して使える建物なので、納得できる選択だった。
ヨーロッパでは遺産や景観重視がよくあること。
オルセー美術館の前は駅舎だった。

建物が何を表現しているか?
タウンオフィスとは町の事務だけなのか、
町はどうあるべきなのか、だったらどうするのか・・・
資金をどう捻出するのか?
箱もの難題や課題はどこの自治体にもある。
コンペションそれとも入札?



d0159062_16162254.jpg


近年自治体の庁舎が建て変わる。
長岡市役所や東京の豊島区役所の建物は見応えがある。
建築家の選択で決まる自治体のありかた。
建物だけでなく暮らしや環境までもデザインする建築家。
みんなで考えたまちのかたち。

豊島区役所がおもしろい。
地下3階/地上49階で大きな樹木のような建物。
庁舎は1階から9階までだが432戸の共同住宅を併設している。
誰が考えたか専門家と豊島区の皆で考えたのだろう。
外観デザイン監修は長岡市役所や檮原町の庁舎と同じ建築家だった。
建物内の撮影はできなかったが必見の価値あり物件。
高層階なので建物全体が写真に入らない。
新しい建物には夢がある。



d0159062_22130807.jpg


10階にある豊島の森。
水辺もありごく自然で身近な公園風。
造られた自然だが開放的で安心で落ち着つける。
4・6・8階のグリーンテラスは階段でつながっている。
子供たちが遊び学べるようにと考えられた。
造られたものだが人工でなくて自然。
公園ともちがう緑化。



d0159062_22173386.jpg


ウッドデッキは元小学校の廃材を使ったときく。
なんともいえないここちの遊歩道。
庭木でなくて野山に生えている雑木風の身近なみどり。
区役所なのに都心の郊外。

大きな建物をヒューマンスケールに分解して街になじませる。
どこかに建築家の想いが書いてあった。
夢のある基本構想。
田舎の建築家や施主にも言えることだと思う。
町にある箱のかたち。



d0159062_01502290.jpg


旅の目的はいろいろある。
街の視察や勉強ではないが楽しめる公共の建物見学。
田舎と都会はまるで違うが基本は変わらない。
対決ではないが比較した。

地方で暮らす住民として感じた。
くらしに未来がほしい。







by hama-no-koya | 2015-07-30 04:32 | Comments(0)
2015年 07月 27日

トワイライトエクスプレス?




今日はいつもの漁村とはちがう。
夜が明けると大勢の撮り鉄が押し掛けていた。
長い列車が走るから。



d0159062_00274980.jpg



早い人は、夕べから場所取りをしていた。
カメラの位置どりだけでなく車の置き場所だって大変。
目的はみんな一緒。
遠くから駆け付けた大勢の人たち。



d0159062_00274907.jpg



待つ時間は長い。
首を長くする撮り鉄たち。
天気がいいのが何よりで幸いでした。
いい写真を撮らせてあげたいから。
天気予報では台風で大荒れの予想だった。
神様も列車を見たいから。



d0159062_00274901.jpg



青い海と青い空。
列車が来た!!


無電化の田舎路線なので機関車DDが古風な客車を引っ張る。
夜が明けたトワイライトエクスプレス?
以前は関西から日本海側を走り北海道まで走っていた寝台列車。
その運行を止めたJR西日本。
北へ行っていた車両を活用して、臨時で山陰本線を走らせた。
何ともいえない特別の風景。



d0159062_00185980.jpg


橋の近くで長年暮らしてきた。
橋の長さの車両は久々?それとも初めてみる光景。
過ぎてきた時代なのか 新しい時代なのかわからない心境。
新幹線の反対側にある捨てられないもの。
鉄道とは時間だと意味不明に思う。



d0159062_00185903.jpg



一瞬だが長い止まったような時間を感じた。
ただ列車に手を振りたい。
沿線で暮らす住民。
映像にかぶらないようにと遠くから眺める。
撮り鉄に遠慮する地元民。



d0159062_00274983.jpg


とりあえず夢中で撮り掲載した。
嬉しかったから。
誰かに言いたいから。

列車は去っても海と空と橋は残る。
絵になる汽車の橋。



d0159062_06491738.jpg






by hama-no-koya | 2015-07-27 04:51 | Comments(2)
2015年 07月 24日

海辺の庭と都会の庭園




d0159062_16380348.jpg


漁村には庭園が無い。
家屋が密集しているから。それとも必要性がないのか、
もしかしてゆとりがないから。
ほんとうは、むらじゅう公園だから。

尾無の海岸には緑があり水辺もある。
浜の小屋はツタで覆われ、海辺にヒマワリの花が咲く。
小屋のツタは自然に生え、誰かが勝手に植えた花。
公園でも庭でもないのに花は咲く。
チューリップからヒマワリ、コスモスへと花のリレー。
単調なので見応えは無いが村人が季節を感じる。
今にある漁村の原風景。



d0159062_16380315.jpg


話は飛んで都会に変わる。
こちらは東京の池袋にも庭があった。
念密にしかも計画的に造られた美しい空中庭園。
和でもない洋でもない新しい街庭。
子供も大人も感じる庭。



d0159062_22272580.jpg


デパートの屋上にある閑静な庭園。
ジヴェルニーにも北川村にも勝るとも劣らない美しい庭。
想像する旅人の世界観。
直島の美術館にも池庭があったが池袋は本物以上。
こんな所にクロード・モネ。
美術館で監てきた名画の風景がビルの屋上にある。
サプライズでもないが優しく嬉しい。
企画者と庭師に感謝したい。



d0159062_22263079.jpg


いつかどこかで見たような橋があり、
池には睡蓮の葉が浮かび、緑の木々が水面に映る。
空も雲もある屋上。 ここはどこ? 
ここは東京の池袋。

昔はデパートの屋上といえば遊園地だった。
今はフードコーナーや庭園。
あの時代は何所へ行っても子供が多かった・・・
天空のビアテラスもいいが緑の庭園もいい。
人は生き物だから水を求める。
気持ちのえさ場として。



d0159062_22283357.jpg


水が恋しくなる暑い夏がきた。
街にも水辺はある。
本物では無いが似非でもないもの。
そばにあるみんなのもの。







by hama-no-koya | 2015-07-24 04:25 | Comments(0)
2015年 07月 21日

魚の箱詰め

d0159062_16040679.jpg


箱に詰められた中型のマサバ。
ノルウェー産の輸入サバは太くて大きいが、
南日本海で今頃とれる国産サバはやや小ぶりが多い。
昔は大サバも結構とれていた・・・
新鮮なサバの刺身が大好物の人は多い。
サバ刺しはマニアックに旨いらしいが、まれにアニサキス(寄生虫)
が潜んでいることがある。
それを知りながら食べるサバの刺身マニア。

魚を箱詰めするには箱のサイズを見極める。
魚に合った箱に並べることで見栄えがよくなるから。
感性の問題でなく感覚で魚を並べる漁師。
慣れもあるが考える暇がないから。
身に付いた仕事。



d0159062_14512499.jpg

箱に詰められたケンサキイカ。
箱の下層に氷を敷き詰め特殊なシートを敷いてイカを並べる。
イカは表皮が液晶みたいに反応するので氷が直接触れないようにする。
表皮というより皮膜で覆われているイカ。
イカの旬は数回あるようだが、ケンサキイカはいつ食っても美味しい。
刺身は独特の甘味と程よい柔らかさが微妙な食感に変わる。
魚は食べないがイカなら食べれる人もいる。
イカは売れ筋商品の人気魚。


d0159062_09223289.jpg

ヒラマサは成長すると30kgぐらいの特大になるやつがいる。
今頃とれるのは群れで回遊する小型魚が多い。
魚を箱に並べ専用のラップでかぶせ、その上から砕氷で覆う。
鮮魚の一般的な箱詰め。

発泡スチロールの箱が魚の流通革命をおこしたともいえる。
軽くて保冷効果があり、衛生面も扱いも納まりもいい。
昔は、魚もリンゴもみんな木の箱だった。

d0159062_09244866.jpg

箱詰めされた魚は萩市場に出荷する。
昔はその場でセリが開かれたが漁協の合併で当地のセリは無い。
トラッで約20分かけて萩の産地市場に運ぶ。
多くの魚は産地市場から都市市場に運ばれ再度セリにかけられる。
白い箱に入れて各方面に流通する魚。
魚を売り買いする仲卸人。


d0159062_16040722.jpg


近頃は食品の安全性からハサップ(HACCP)認定する市場もある。
衛生水準の厳しい市場でもスチロールの箱ならクリアできる。
HACCPの意味を知る漁師は少ない。
知らなくても安心で安全な魚を出荷する大敷網の漁師。


最高水準の衛生管理手法?
発祥はアポロ計画の宇宙食からきたらしい。
地方の魚話がアメリカにつながった。









by hama-no-koya | 2015-07-21 04:42 | Comments(0)
2015年 07月 17日

夏の漁




d0159062_15202003.jpg


今年の夏漁は近年にない好調。
今朝はアジ・サバ・イカ・ヒラマサ・・・
大敷網は色々な魚がとれる。

網から揚げた魚は船倉に準備した水氷に即入する。
夏場は多量の氷が必要になる。
新人の乗組員が氷の係りで、氷間から絶えず氷をかき出す。
海から揚げた魚は十分に氷水の中で冷やされる。
活き締め状態のような魚の扱い。



d0159062_15202010.jpg


網からすくい揚げた魚は選別台に乗せられる。
全てがアジのようだがイワシも雑魚も混じる。
表皮の柔らかいカツオやサワラなどは別々の船倉に入れる。
魚同士が擦れ合い、押しくら饅頭になると魚の艶がなくなるから。
イカは別物でイカだけを最初にタモで救い揚げる。
釣りと網獲り魚の違いはそのへんにあるが・・・
大敷網は網目に刺した魚でないから品質的には釣り魚に近い。
魚は獲り方や扱いで市場価格が変わる。



d0159062_14512419.jpg


サワラもヒラマサも一緒にとれる大敷網。
船から荷揚げしたした魚は漁協の荷さばき所で
種別に分けられ直ぐに箱詰めされる。
漁場から港までの所要時間は約20分たらずと近い海。
魚は死後硬直に至らない鮮度で荷揚げされる。
一見無造作に置かれたサワラやヒラマサのようだが扱いは丁重。
活気があり迅速に行なわれる魚の荷さばき。
活きのいい魚は表情もいい。



d0159062_15202047.jpg



今年はヒラマサがよくとれる。
半面にアジやサバは昔と比べると少なくなった。
それでもアジ・サバの水揚げ量は他の魚に比べると多い。
青魚系は群れで回遊するから。
アジ・サバの価格は不安定で大漁だと極端に安くなる。
反面に少ないと高騰する。
トビウオは多くても少なくても安い。
魚の浜値は日替わり。



d0159062_14512461.jpg



水揚げされた魚は「道の駅阿武町」にも直送される。
網から揚げて約3~4時間で店頭に並ぶ魚もある。
新鮮な魚が手ごろな価格で買える場所。
漁師がお勧めする。


魚の供給は自然の恵み。
漁に出ても漁獲は当てにならない。
海が荒れても漁に出れない。
安定供給が課題。
バイヤーも悩みの種だろう。

今朝は台風の影響で海は大荒れ。








by hama-no-koya | 2015-07-17 04:43 | Comments(0)
2015年 07月 13日

田舎の買い物




d0159062_22081185.jpg


漁村で暮らしていても魚が買えない人がいる。
村に魚屋や小店がないから。
若い人は車で買い物に行けるが高齢者には無理。
買い物は自立暮らしの糧。

漁師をやっていた頃は、毎日魚を食っていた元漁師。
老いても体が魚食を求める。
たまには豆腐やコンニャクも食べたい。
人とも会話がしたい。
生れ育った海辺で終わりまで暮らしたい。



d0159062_22081149.jpg



そんな中で漁協が動き出した。
漁協からでなく、田舎暮らしのニーズから。
軽トラックの移動販売車が毎日ではないが集落を廻る。
朝とれた魚や食材をのせて。
不便な暮らしだが、便利だけでなく多目的な顧客。
販売と巡回、支え合う田舎の暮らし。

車で20分も走れば便利な今風のドラッグストアーがあり、
道の駅もあればスーパーマーケットもある。
田舎でのんびり暮らしをしたいと思う人がいるが、
それにも体力と気力の限界がある。
年齢構成ではなく、人の元気は地域の元気。



d0159062_22081107.jpg



移動販売の車が今日も走る。
拡声器から劣化した音楽を流しながら。
それを待ち望む村人がいる。
インターネットや通販の反対側にある自然な対面販売。
原点は昔からある行商と得意さん。

さかな・さかな・さかなを食べましょう。
生きるに欠かせない食事。
点と点を面で結ぶ田舎の移動販売車。


ネイティブの選べないライフスタイル。
住み慣れた田舎暮らし。







by hama-no-koya | 2015-07-13 04:33 | Comments(0)
2015年 07月 09日

大敷網の仕事




d0159062_17553803.jpg


大敷網洗浄をする漁師。

きれいな網も一ヶ月近く海に入れて置けば海藻や貝が付着する。
網が汚れると魚の入りが悪くなる。
潮の抵抗も多くなり、仕掛けた網の形状も悪くなる。
海にある網を定期的に入れ替える漁師。
陸揚げして網を洗いきれいにする。
後は網を広げて乾かし修繕や点検をする。



d0159062_17553823.jpg


修理が終わり、きれいになった網を船に積み込む。
海にある汚れた網と入れ替えるために。
魚を獲るには網のメンテナンスを繰り返し行う。
大敷網の仕事は多い。
10人の網仲間が力を合わせる。



d0159062_17553895.jpg


通常の操業は魚を獲る網の部分だけを揚げて魚を獲り、
網を元の状態に戻して、魚が網に入るのを待つ。
定置網の基本作業で日々繰り返す。

大敷網の漁場は近い。
夜明けに港を出て15分も走れば網を張った漁場に付く。
昔は人力や簡易な機械で網を揚げていたが、
今は機械が網を揚げてくれる。
力は要らないが人が機械を使うことになる。
巻き上げ機に体が巻きこまれると大怪我するので気を許せない。
大漁も怪我も隣り合わせの海仕事。
海が時化れば船も人も揺れる。



d0159062_17553868.jpg


網を揚げる時間は約一時間だが、魚の取り込みに時間が必要。
貧漁だと短時間で、大漁だと時間も長くなる。
クラゲが大量でも時間がかかる。
漁師の仕事は時間通りにはいかない。

大敷網は一度に多くの魚を獲ることができる漁法。
群れで回遊する魚が居ればのこと。
そのように設備も人も必要になる。
昔ほどの大群れで回遊するような魚はいなくなった。
それでも海は広い、ひたすらに魚を待つ。
みんな漁師だから。


今日はアジがそこそこいた。
コシナガマグロやヒラマサもイカもいた。
色々な魚が獲れる大敷網。

大敷網は魚を待って獲る。
年中同じ場所で。







by hama-no-koya | 2015-07-09 04:45 | Comments(0)
2015年 07月 06日

ケンサキイカ




d0159062_17411760.jpg


船のデッキに無造作に置かれた獲りたてのイカ。
透き通った白い色の胴体。
今年は何を思ったのかケンサキイカが今頃になって好調。
10年ぶり・・・20年ぶり?そのくらいになる。
毎日が忙しい漁師の海仕事。

ケンサキイカは1年中獲れるが、
3月頃と6月頃と10月頃が漁獲のピークとなる。
大敷網でも獲れるが同時に釣りでも獲れる。
今は比較的浅場で獲れるが、秋から冬にかけては漁場が少し沖になる。
同じイカでもヤリイカは冬場にしか獲れない。


荷揚げしたイカは大きさ別に選別して箱に並べる。
箱の底に氷を敷き詰めその上にイカを置く。
大は約12匹、中約は20匹、小は約30匹と箱入れにする。
時間もかかるが手早く作業を進める。
魚は鮮度で価格が変わる。



d0159062_17411794.jpg


荷揚げされたケンサキイカ。
箱詰めされたケンサキイカ。
時間がたつにつれ透明から赤い色に変わる。
赤の次には死んで白く変わる。



d0159062_21324111.jpg


ケンサキイカのスルメはおいしい。
しかし夏は紫外線が強く気温が高いので天日干しが難しい。
その多くは鮮魚用として市場に出荷される。
もちろん刺身もおいしい。


秋から冬にかけて多く天日干しされるケンサキイカのスルメ。
色が白くて微妙な噛みごたえと味がする。
たぶん日本人にしか分からない独特の食感だろう。
ケンサキイカの特徴は2本の長い手がある。
スルメを干しときに役立つイカの手。
乾燥機でなく天日干し。



d0159062_18021205.jpg


ケンサキイカ増えたには天敵のブリやマグロが減ったから?
生態系や食物連鎖と勝手に思う漁師。
骨が無いので食べやすいイカ。







by hama-no-koya | 2015-07-06 04:36 | Comments(0)
2015年 07月 02日

網仕事




伝統漁法の大敷網漁。
大掛かりので網で、構造も仕掛けも複雑。
定置網なので、決まった漁場に張り込んだ網を揚げて
日々網に入る魚を獲る。
アジ・サバからマグロまで獲れるれて魚は大小多彩。
今頃はアジやケンサキイカが多い。
今年はケンサキイカがここ数年に無く大漁。

大敷網にはスペアの網がある。
海で漁に使用している網と、陸で修理や点検している網がある。
たえず海に入りぱなしの大敷網は海藻や貝が付着する。
網が汚れると作業効率や魚の入りが悪くなる。
定期的に海の網を入れ替える漁師。



d0159062_21133668.jpg


陸揚げした網は洗浄して点検する。
長年使うと網やロープが疲労し破損した所もある。
破れは当然に修理するが、破れそうな場所も早めに修理する。
海に入れてある網の現場修理は困難であるから。
破れや疲労した箇所の早期発見と修理を漁港の広場でする。
網は破れは小さくても魚の格好の逃げ口。
大時化には海の網が気になる。



d0159062_21135320.jpg


網の部分修繕は繰り返しの細かい作業になるが、
ロープ部分の修繕はその箇所によって効果的な結び方がある。
長年の経験から結び方が決まってくる。
ロープ切れの原因は擦り減りと折り曲げによるものが多い。
繰り返しの繊維疲労から傷口が徐々に広がり、
限界を超えれば一気に切れる。
無傷のロープは強度もあり簡単には切れない。

ロープの基本形は3本撚りと編んだ8打形がある。
3本撚りは微妙な伸び縮みがあり強度もあるが固めで撚りがかかる。
8打は撚りがかからなく柔らかくて扱いやすい。
ロープの特性を生かした網の仕立。



d0159062_21135366.jpg


ロープは海でも山でも使われる道具。
使う場はかわっても結びの基本形は変わらない。
日常でもレジャーでも使えるので結び方は覚えて損はない。
一見難しいが慣れれば便利で簡単なもの。
結びとはそんなもの。


網仕事の全てを知るまでには年数がかかる。
30年過ぎたが今でも未熟。
一つ一つが積み重ね。







by hama-no-koya | 2015-07-02 04:33 | Comments(0)