<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 31日

漁村の朝




d0159062_21391535.jpg



ラジオ体操で始まる漁村の朝。
夏休みでありながら体操する子供はいない。
大人もお年寄りが多い。
漁に出る人、通勤する村人にはいそがしい時間帯。
ラジオ体操は井戸端のような集まり。
夏をのりこえる村。



d0159062_21395170.jpg


庭先に咲く青いアサガオ。
日除けのつもりだろうが見るだけで涼しい。
朝に咲く青いアサガオの花。
つるは成長して棒グラフのように延びる。
すがすがしい朝の小庭。


ラジオ体操は元気な朝の顔。
住みなれた人、いつもの笑顔にシワがよる。
両手を大きく広げる人。
田舎の自然体。



d0159062_22244048.jpg



道路で体操してはいけないと思うが・・・
本気で腰を伸ばしている人。
精一杯元気。


漁村の高齢率は今がピーク。
希望の朝。







by hama-no-koya | 2016-08-31 04:47 | Comments(0)
2016年 08月 27日

夜明けの精霊舟




漁村では、お盆13日の夕方に先祖が海からやってくる。
現在の家族と思いでの実家で過ごす先祖代々。
16日の夜明けに海の彼方に戻る。
昔からある先祖の里帰り。



d0159062_19272239.jpg


子供の頃は先祖が乗る精霊船を麦わらで造った。
2~3mの船に帆を張った。
夜明けに吹く陸風で船出をする先祖。

船には食料のダンゴと果物や水を積み込む。
線香を焚き手を合わせる家族。
西方に帰る先祖。
浜辺では航海の無事を祈る。
麦わらの精霊舟から段ボールの箱船に変わっても気持は同じ。
静かな夜明けの旅立ち。



d0159062_19272223.jpg


麦わらの精霊舟が消えたのは40年前ぐらい。
昔は食料自給のために裏の段畑に芋や麦を植えていた。
畑の今は杉や雑木に変わる。
船の材料の麦わらがあったから精霊舟ができた。

今は段ボール箱を精霊舟にする。
やがて沈する紙の箱船。



d0159062_19253279.jpg


精霊舟を西方に見送ると暑い夏もじきに終る。
かたちは変わっても変わらない想い。
8月16日の夜明けの風習。
うつくしいむら。



追伸
妻は、数年前にインド奥地の西方を歩いた。
西方は遥か海の彼方にある。

いつかは行く、カン・リンポチェ。







by hama-no-koya | 2016-08-27 05:14 | Comments(0)
2016年 08月 24日

200本のマリーゴールド




d0159062_04201675.jpg


日々の田舎暮らしの中で、
漁村に200本のマリーゴールドを植えた。
どこにでもありそうな話し。

花の苗代は町役場が出すが管理と運用は自治会でする。
今風なら「漁村のアダプトプログラム」。
ミッションではない。


夏の花壇管理は難しい。
何の花を何本植えるかが始まりだった。
テーマは集落の元気。

夏に強く長持ちする可憐な花を選んだらマリーゴールドになった。
場所を選ばず病害虫にも強いらしい。
花づくりはみんな素人。

水やりとたまの草取りで簡単に咲く夏のマリーだが、
ポイントは週に一度の薄めの液肥。
草丈を抑え、いかに多くの花を咲かせるかを目標にした。
結果はみんなが満足する花壇になった。
夏枯れの集落に花は咲く。


夏の漁村を彩る幸せの黄色いマリー。
花はみんなで咲かせる。







by hama-no-koya | 2016-08-24 04:31 | Comments(0)
2016年 08月 20日

橋とトンネル




d0159062_07361996.jpg



2016/8/20の朝、汽車の橋。
列車はいつもと変わらず走るが補修工事がすすむ。
橋ができてから80数年が経つ。



d0159062_05553273.jpg


小屋の近くにある汽車の橋。
地元ではなんでもないが、鉄道ファンには有名らしい。
どこからともなくカメラマンが集まる。
橋を撮るのではなく列車を撮る。

列車が無くても美しい橋。



d0159062_05555360.jpg


小屋の近くにあるトンネル。
暮らしの道。

トンネルを抜けるとそこは海辺の集落。
一人でのんびり過ごす人。
さりげない午後の紅茶とながれる軽いボサノバ。
なにも考えていない時間がすぎる。

夕暮れには陽が海に沈む。
海辺の小屋



d0159062_07375895.jpg


漁村の風景。
有名な橋が目的で田舎を訪れる人は以前からいるが、
近頃は無目的で海辺を訪れる人がいる。
ときが過ぎれば夏のおもいで。


海辺で日傘をさす人。
いつかどこかで見たような、ひかりの風景。
夏も終わりが近い。







by hama-no-koya | 2016-08-20 05:02 | Comments(0)
2016年 08月 14日

サメ




d0159062_20184334.jpg



大敷網に四匹のシュモクザメが入った。
育ち盛りで大きくはない。
サメの仲間で一番美味しいと言われるのがシュモクザメ?だが、
市場に出しても売れないこともある。


サメを美味しく食べるには、
船で血抜きをして、腹を開け内蔵をとる。
サメ臭さが薄れ食べやすくなるから。
漁村では昔からサメを食べる。
海からの食料。


昔は熱湯で茹でて食べるのがサメ調理の定番だったが、
近頃はステーキや塩焼きで食べるようになった。
あっさり系の白身魚なので旨味は薄い味。
骨も無く噛み応えもよく食べやすい。
食べてみれば分かるサメ。


シュモクとは仏具の撞木からきたしい?
鐘などをたたくT字型の槌のこと。
横文字はハンマーヘットザメ。
お盆の準備をしてシュモクザメを思い出した。



追伸
ジンベイザメは昔から食べません。
丁重にリリースします。



d0159062_17424969.jpg







by hama-no-koya | 2016-08-14 05:12 | Comments(0)
2016年 08月 06日

夏の空




d0159062_00282279.jpg


何日も夏空が続く。
雲は空にあるが雨気配の雲はない。
一雨降れば人も畑も潤う。
昔なら飲み水にこまり雨乞いの祈祷だろう。
今は蛇口をひねれば魔法のように水が出る田舎暮らし。
人の気持ちとうわの空。

一週間の先まで分かる正確な夏の天気。
先が見通せる便利な時代になった。
安定した夏の日和。






d0159062_00282525.jpg


夕暮れ前のバス停。
陽は傾いても暑さは路面に残る。
道に人影はない。
人は車で足早に通過する家路。

安売りの冷房とビールが待つ夏の晩。
暑さを乗り切る暮らしのツール。
新しい田舎。





d0159062_00345641.jpg

夏の夕暮れ。
昼間がだんだん短くなってきた。
暑い日が海に落ちる。


暑くても秋の気配を感じる夕暮れ。
暮らしも夏のピーク。









by hama-no-koya | 2016-08-06 15:49 | Comments(0)