<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 26日

惣郷川鉄橋

d0159062_20031935.jpg


長い間、工事中だった惣郷川橋梁。
遠路から橋の写真を撮りにきて、がっかりする人もいた。
気の毒でたまらなかった。
海沿いの道をとぼとぼ歩く背負袋の若者。
無性のあきらめ・・。



橋の工事は終わりました。
撮り鉄の皆さん安心しておこしください。
寒くても汽車は走ります。



d0159062_20033528.jpg


見なれても、なんとも言えない哀愁を感じる。
暮れかけた今頃の季節。
田舎で暮らす。







by hama-no-koya | 2016-12-26 20:32 | Comments(0)
2016年 12月 17日

ソーダカツオ

d0159062_08570433.jpg


カツオの中でも人気のないソーダカツオ。
地元では通称ダボシビ。
平ソーダと丸ソーダがいるが、コイツは不人気の丸ソーダ。
だから我が家の夕食で食べる。
船上でアゴを外し、血抜きをしてスラリーアイスで生き絞めしたもの。
大きくても30 センチぐらいの小型カツオ。

コイツは食べると美味しい。
皮下に脂を蓄えた戻りソーダカツオだから。
問題は脂が多過ぎて食べ過ぎると下痢をする恐れがある。
血合いの部分が大きく食べる部分が少ない。
土佐では初夏に養魚をメジカやシンコと呼び人気があり、
土佐清水ではソーダぶしで需要がある。
いずれも脂の少ない時期の魚を製品するか生で食べる。
山口県では全く人気のない魚。
煮ても焼いても食えるが・・・


美味しくても市場に出回らないカツオの味。
なにかに例えれば、
競馬で、無印の馬が二着に食い込む大荒れの最終レース。
食べてみればわかる。
(生で食べると極稀にアニサキスがいることがある。)








by hama-no-koya | 2016-12-17 09:35 | Comments(1)
2016年 12月 10日

駅員のいる地方駅


d0159062_04321098.jpg

東北の山の中にある駅。
北海道にある地方駅はがらんとしていたが、
東北の地方駅は立派な駅が多い。
鉄道会社が変わるから。

平日なのか駅の周辺には人がいないが、
田沢湖駅には駅員がいた。
田沢湖や乳頭温泉への最寄り駅だから。

昔は多くの旅人がこの駅からバスに乗って奥湯につかった。
今は自家用の車に乗って温泉に入る人が多くなった。
道が開ければ山の秘湯が身近になる。
季節や曜日で山湯が変わる。
山には色もあり季節があるが、湯治には曜日がない。
人目を気にせず過ごす湯けむり。
雪が降れば外は寒かろう。


平日なのか田沢湖駅もがらんとしていた。
駅舎の設計が凄い。
プリツカー賞の坂茂氏である。
こんな所にと思う、素晴らしい駅である。
跨線橋にはエレベーターもある。
洒落た田舎駅。



d0159062_04331864.jpg

二階にある大きな段ボール箱の部屋。
子供の頃を思い出す。
遊びごころがコンクリートとガラス張りに映る。
天井は木の温もりがかおる。

人はいなくても駅員はいた。
コンシェルジュはないが案内所はある。
話して知る旅の言葉。
何気ない会話も秋田の地を感じる。
そこにしかないもの。

田舎では、駅と言えば道の駅を指す時代。
駅は故郷のランドマーク。






by hama-no-koya | 2016-12-10 07:23 | Comments(0)
2016年 12月 04日

北の無人駅




d0159062_00125858.jpg
無人駅はどこにでもある。
地方で暮らす住民が減れば、駅の利用者は減る。
雪の上に付いた足跡も少ない。
冷え込む晴れた朝晩。

広い大地に閑散とした北の駅舎。
雪の季節になった。
旅先の冬。


d0159062_23581964.jpg
待合室は列車を待つ部屋。
列車が出ればもぬけのからになる駅・・・
今はさみしいけれど賑やかな年代もあったと聞く。
大きな跨線橋もあるが渡る人は少ない。
どれも過ぎてきた時代。
必要最小限で無駄のない空間。

人がいなくても列車は止まる。
斜光がさしこむ広い駅舎。
それでも落ちつく、感じるものがあるから。
人目を気にせず寄れるところ。
街にはない場所。




d0159062_23591272.jpg
駅に置かれたノート。
誰が置いたのか、複数の思い出ペン。
さみしいからだろう。

カモシカのようなエゾシカも置いてある。
なにもできない人の気持ち。
残る手書の言葉。


d0159062_00081362.jpg

寒くても走る列車。
名曲にもある「冬の旅」を知る人は少ない。
どんな気持ちで旅をした。


北国の冬は早い。
ローカルな増毛の駅は消えても・・・
残る茶志内の駅。







by hama-no-koya | 2016-12-04 06:07 | Comments(0)