浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 24日

初夏なのにコスモスが・・・。

誰が決めたか・・・秋桜。
やさしくて、やわらかくて、かわいらしい和名。
パステルで描いたような色合い・・・。

そのコスモスが今時の休耕田に咲いている。
昨秋に咲き遅れたのか・・・・、
それとも今年の早咲きか、季節の見失いか・・・?
それでも何かを感じて咲いている。

南の島から帰ってきた人が言っていた。
種さえ蒔けばいつでも咲く花もあると?

そこらの花が季節を知らせる田舎ぐらし・・・。

# by hama-no-koya | 2010-05-24 10:31 | Comments(0)
2010年 05月 23日

海上大荒れ!!

風が海上で潮吹雪になり海がまっ白の今朝。
突然、風が固まりとなって通過する!!
だから今日の漁はお休みです。

田舎に暮らして不便はなにか・・・?
飲み屋さんが無い!!

居酒屋で飲む仲間との酒話はこころの投薬?
愚痴もこぼせば法螺も吹けるから・・・。

田舎で暮らしていてもたまには東京バナナも食べたいし
居酒屋は恋しいし・・・・
お洒落なラウンジでミス・マッチのマティ二ーも・・・・・。

今夜もいつもの家酒が田舎のくらし。
こころの疲れの良薬として・・・・。

# by hama-no-koya | 2010-05-23 07:32 | Comments(0)
2010年 05月 22日

草刈○○

駅から集落に続く道がある。
海辺のワインディング・ロードのような・・・・。

夕陽があって海があり、砂利浜沿いの思い出道。
昔は、海辺往還とよばれた街道だった・・・。

田舎は雑草との戦いだ!!
梅雨から夏にかけて猛烈な勢いで攻めてくる。
集落の総力草刈が1回と役員草刈が数回。
みんなで生活道を維持している。

草を刈る人がいなくなれば集落は消滅する。
そしてそこらの田舎文明?・・・もいつかはなくなる。

そんな時代がすぐそこにきている・・・・。




 
d0159062_162987.jpg





 

# by hama-no-koya | 2010-05-22 06:19 | Comments(0)
2010年 05月 21日

海上・濃霧注意報

海の上に発生する霧は怖い・・・。
昨日と今朝がそうだった。

周りに何もない海だから真っ白があるだけ。
もしも船にレーダーやプロッター(船ナビ)がなかったら
身動きできない。
勘をたよりに走ればとんでもない所へ行くはめになる。
じっとその場で霧の晴れるのを待つが正解。
それは一昔前の話。

今は機械をたよりに微速で移動する。
突然出くわす物体が3倍くらいの大きさに見える。

漁師も機械がたよりの時代になった。
装備に金はかかるし・・・魚は減るし・・・・。

# by hama-no-koya | 2010-05-21 14:20 | Comments(0)
2010年 05月 19日

魚の旅

海で生まれた魚だが・・・。
俺より旅をする。

俗に根魚と呼ばれるマイレージのたまらない魚。
回遊魚と呼ばれるマイレージのたまる魚。
それぞれの個性が旅のかたちとなる。

漁師は大なり小なり経営の時代。
市場性や経済性重視で魚をとるようになった。
魚のいる場所へ移動しながら操業する大規模漁業のような。
それもライバルが同業から輸入商社まで。

そんな時代になっても昔ながらの零細漁業者まだまだ多い。
その季節に、いつもの場所で、その日にとれる魚をとる。
資源や価格の厳しさの中で・・・。

ある人が言っていた。
国内の港で魚の取り扱い金額の多いのは成田港だと・・・?

同じ魚もとれた場所や扱いで、味は微妙に変化する。

# by hama-no-koya | 2010-05-19 17:48 | Comments(0)