人気ブログランキング | 話題のタグを見る

浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2021年 10月 02日

漁村の秋

漁村の秋_d0159062_14113111.jpg
海辺に咲いたコスモスの花。
意識して植えたものではないが
去年の花がそこらに落ちて咲いたもの。
自然のリレー。
漁村が秋らしくなった。

今年は地域の運動会もなければ文化祭もない。
防災訓練も酒呑み会も・・・
行事や集まりごとや、出会いの少ない年。
暇でもない。
何もしなくても月日が経つ。

のどかな小春日和の漁村。






# by hama-no-koya | 2021-10-02 14:55 | Comments(0)
2021年 09月 07日

漁村 (2021/9/7/4:35pm)

なんでもない漁村の夕暮れ
ここは何処?
漁村 (2021/9/7/4:35pm)_d0159062_16560943.jpg
ここで生まれ、今もこの村で暮らす漁師。
あれこれ七十年が過ぎる。
いい時代に生まれ、いい時代に働き、いい所で暮らす人生。
順風で、どれもこれも無難に通過してきたが、
「浜の小屋」は昨年から休んでいる。

振り返るは、先や後ろが気になるから。
距離を走ればわかること。
体力を温存するときには後続を先に行かせた。
そして後からついていく、追われるより気持ちが楽だから。
思い出すバンフライの草レース。




漁村 (2021/9/7/4:35pm)_d0159062_16564035.jpg
集落には昔から大敷網が伝わる。
大型船の導入で港は広くなり、漁師の住宅も出来た。
若い漁師も移り住み着いた。

今朝の漁は、スマカツオが中漁だった。
外からは、持続可能や循環型社会とか言われるがここは漁村。
夏になれば草木も伸びる。
理想と現実の狭間で暮らし生きる村人。


ふるさとに帰りたくても帰れない人へ・・・
漁村は健在です。
ふるさとで暮らす人には故郷はない。







# by hama-no-koya | 2021-09-07 21:56 | Comments(0)
2021年 07月 05日

カツオ(ヤイトとヒラソーダ)

カツオ(ヤイトとヒラソーダ)_d0159062_17012183.jpg
山口県の北部地方で初夏にとれるカツオ。
今年はいつもの年より多い、
大敷網漁なので二種類が一つ網で混獲となる。
水揚げ割合は、腹に点模様が100匹なら点無しは30匹ぐらい。
萩市場の扱い名はヤイトとヒラソーダ。
価格はヤイト(スマ)が高くヒラソーダは約半値。

カツオ仲間の呼び名は全国様々である。
昔は、いずれもシビでスジガツオとシマガツオで大雑把に分けられた。
夏は鮮度が落ちやすく価格も安かった。
魚体の縞柄(スマ)や縦線(本カツオやハガツオ)。
地元ではクロマグロの大型は大シビだった。
魚には、地域名があり、流通名があり、学名がある。

ヤイトとヒラソーダの見た目違いは漁師には分かる。
ヤイトは、お灸の跡?が脇腹についている。
味や食感の違いや好みはどうだろう。
どちらが旨いかは個人の感じ方で両方が美味しい。

2匹を皮なしの刺身で食った。
ヤイトは、ほのかな酸味があり旨味が上品で舌触りも滑らか。
ヒラソーダは、カツオの旨味や個性を直に感じる。
翌日は、炙りをニンニク・ショウガ・ネギ・レモン・醤油で食べる。
ここまでくると個性派のヒラソーダが似合う。
食べる人の価値観。
皮下脂肪はソーダで味の深さはヤイト。


日本海のカツオの水揚げは限られるが、
晩秋には戻りガツオが、初夏に回遊ガツオが捕れる。
その時期に食べれる季節味。








# by hama-no-koya | 2021-07-05 17:36 | Comments(0)
2021年 06月 26日

部屋の天井

部屋の天井_d0159062_17393857.jpg
遠くへ出かけることのできない日々。
部屋の天井をいじってみた。
コンクリートの打ちっぱなしは硬い感じがするから。
会話や音楽に温かさや楽しさを感じるように。
こんな時に必要なもの。

色をつけ、天井に垂木を張る。
コンクリートの反響を木の角材で空間を和らげる。
筋交の強度と美。
狭い部屋だから素人にも工事は簡単。
無味なコンクリートや角材にも温もりはある。
工事費はゼロ円。
効果は、見た目と内容、それにコストも満足。
楽しんだ大人の工作。

音源はそこらの真空管アンプ。
田舎漁師に似合う、暮らしの空間が出来上がる。
想いこみで自分の居場所を造る合い間。
いじりがいのある部屋の天井。
部屋の天井_d0159062_17382595.jpg
この部屋の天井は、合板の味気なさと平面反響の改善。
格天井に、安い板を隅に想像で貼っただけ。
仕上がりは落ち着いた空間に。
和でも洋でもない部屋。
おさまりの良さ。


天井いじりには共通するものがある。
それは、暮らしの奥行き。



# by hama-no-koya | 2021-06-26 21:41 | Comments(0)
2021年 05月 12日

梅雨のまえぶれ

梅雨のまえぶれ_d0159062_17260019.jpg
小雨に咲く5月のコスモス。
日差しを待ち望む半開きのハマヒルガオ。
春でも夏でもない季節。
さみしいけれどやさしい漁村の風景。
海辺に咲く野良生えの花。
自然が描く暮らし。

海では小アジが獲れ始め、トビウオもやってきた。
大きい魚は、産卵期を過ぎたブリ。 
今年はアオリイカが例年になく多い。
気まぐれな漁と海。

防災拡声器から、「ふるさと」のチャイムが流れる夕暮れ。
晩飯はアジの塩焼きと刺身。
自宅で飲み、ほろ酔いで一日が終わる。


早寝が癖付いて一年が過ぎる。
旅人のいない夜。





# by hama-no-koya | 2021-05-12 17:53 | Comments(0)