人気ブログランキング |

浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 28日

食べたい魚(4)

俺の暮らす漁村には石で積まれた波止場がある。
その岩場にカサゴは生息する。

カサゴは水深50cmから80mくらの海底岩場に広く分布する。
一つ岩場で暮らす魚で、その仲間を回遊魚に対して根魚と呼ぶ。
口が大きく頭が多きい・・・岩の色をした魚体で赤系魚や黒系魚がいる。

海底で、じっとしていて流れてくる餌や、動きの鈍いカニなどを食べる。
たまにしか餌にありつけないので、餌を見ると飛びつく。
カサゴさえ居れば、魚の切り身餌で簡単に誰にでも釣れる。

子供の頃、夕食のおかずに波止場でカサゴを釣っていた。
長い時間かければ、いくらでも釣れるが30分くらいで止めていた。
15cm前後のカサゴが数匹つれたから。

30cmくらいの大型魚は刺身が美味しい・・・。
高価なオコゼのような味で、氷で〆ると雲ひとつない夜明けの味がする。
マグロやブリは油が旨味だが・・・カサゴの洗いは純粋な食感が美味しい。

子供の頃は、ばあちゃんの煮付けが定番だった。
ぶつ切りカサゴの味噌汁とタクアンや漬け菜でご飯が何杯も食べれた。

この前、遊びでカサゴ釣りをしたが1匹しか釣れなかった・・・・。

by hama-no-koya | 2010-11-28 09:02 | Comments(0)


<< 田舎で企画      食べたい魚(3) >>