人気ブログランキング |

浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 12日

満開の梅

梅がいつもの年より20日も遅れて咲いた。
何かの訳があったのだろう・・・
花を待つ人より、咲くに咲かれぬ花の気持ちもわかる気がする・・・
寒さの中でスイセンやツバキが海辺に咲く。

海ではタイが獲れるようになった。春のタイは美形で桜鯛とも言われる。
魚で春が来たことを知る漁村。
魚の容姿と味は関係する?。見た目に美味しそうな魚は食べても美味しい。
サワラは魚の春と書く。時期が早いのか今のところ毎日数匹しか獲れない。
遅れて来るのか不漁なのか今は分からない。

北陸では寒ブリだが、南日本海は彼岸頃がブリの最盛期になる。
その先発隊がやって来てもいいのだが、今のところ一匹も獲れない。
ブリの群れが遅れているのかそれとも・・・

大敷網は一年中同じ場所に仕掛けてある。だから魚の回遊を待つしかない。
魚の通り道は大筋で決まっているが年によってコースが多少変動する。
水温や海流や気候が毎年違うからだと昔の漁師が言っていた。
だから頑張っても結果は、不漁もあれば豊漁もある。

ヤリイカは、毎日決まって獲れるがいつもの年より少ない気がする。
大きい雄は刺し身で食べ、小さい雌は卵が詰まっているので煮て食べる。
昨夜も食べた。子持ちイカはこの時期限定の味覚。
美味しいものを食べて焦らず漁の盛りを待つ。

世間では別れの春もある。漁師にはそれが有るのか無いのか分からない。
移動も契約期限も定年もない。潰しもきかないし働かないと飯が食えない。
だから自分の居場所だと思い、仕事を繰り返す。

by hama-no-koya | 2012-03-12 14:33 | Comments(0)


<< はえのかぜ(南の風)      前・・・ >>