人気ブログランキング |

浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 20日

ウミガメ

大敷網にウミガメが入った。
そんなに珍しいことではないが、漁村ではカメを丁重に扱う。
ウミガメは、龍宮(神様)の使いだから。 

網の魚をすくい上げる前に、カメを船に取り込む。
魚の取り込み作業が終わってから、網から離れた海にカメを放す。
カメを放す前に、お神酒をあげる。 
昔からそうしてきたから。

d0159062_1059224.jpg

死んだウミガメが、浜に打ち上げられることもある。
漁師は浜に穴を掘り、カメを埋める。 
その後は、カメとの別れを惜しみ浜仲間と酒を飲む。
龍宮伝説として、今も漁村に伝わる。

助けたカメに連れられて・・・。知らない旅先で乙姫様と過ごし、暮らしてみたい。
浦島太郎の昔話は、ありえない男の夢物語。
漂流した船員か遣唐使が、帰ることのできない異国で、長年を暮らすさみしさ・・・。 
一生を故郷で暮らす漁師に、望郷はない。

海の向こうにある国を、お互いに「素晴らしい」と話す。 そんな良き時代もあった。
今の海は、庭先と同じほど狭く近くなった。
昔は、中浜のアメリカ。 大黒屋のロシア。 がほんとうの話として物語る。

浦島太郎のカメ話は、友好な海洋ロマンで・・・
壮大な旅の話と信じたい。

by hama-no-koya | 2012-08-20 10:59 | Comments(0)


<< 住みついたウナギ      田舎のバス >>