浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 30日

土地の食べ物 「だだ茶豆」。

旅の楽しみに御当地の食がある。
今回の旅は、東北の食べ物に特別の想いがあった。
30年前くらいになるが、毎月一回、数日かけて東北の遠征をしていたから。
今なつかしい、どこにでもある東北の仕事旅。

東北の大震災後・・・・気ままな旅のような、シリアスな旅をした。
忘れられない東北の味を探しに・・・。
昨年の東北旅。 美味しいものもあったが、被災の写真は撮れなかった・・・。 
年が経っても、復興しても、気持ちの中ではそこは被災地だった。

東北の野菜と魚が食べたい!。 酒の肴「浜の小屋大賞」選び。 のような旅をした。
農産の部門の大賞を、山形の「 だだ茶豆 」と独断で決定した。
「 東北の風土を表現する味と想い 」を感じたから。

d0159062_4224128.jpg

見た目は、ただの枝豆だが口に入れた瞬間、「 なんだこれは!?」を感じる。
「 豆の味がする豆 」 当たり前の言葉だが、食の原点である。
売れる野菜の生産。 ビジアルを優先する産地と市場?
昔ながらの素朴な豆を、素直に美味しいと思った。

今回のナビゲーターは、30年前に知り会った鎖れ仲間。
彼の実家は、黒毛和牛を100頭くらい飼育する昔からの大きな農家。
そこの牛も、放射能の風評被害をまともに受けていた・・・。
出会いは、「 東電福島原子力発電所 」のある、桜並木の美しい町だった。
今は、暮らせないところ?。 ある日突然で運命的な出会い・・・。

・・・、「 だだ茶豆 」の味を知る人は少ない。
食べてみないと分からない。
[PR]

by hama-no-koya | 2012-08-30 04:22 | Comments(0)


<< 吉次の煮付け      列車酒 >>