浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 27日

田舎のバス~(清ケ浜)

d0159062_16455553.jpg

海辺に出た田舎のバス。
白い砂浜と青い海辺が前方に大きく広がる。
清ケ浜は鳴き砂の浜辺  昔は浜のどこを歩いても砂が鳴いていた。
今は、浜辺の一部分しか鳴いてくれない  地球の砂が汚れたからだろう・・・?
鳴き砂は、砂と砂が擦れて音が出る  きゅ きゅ キュッと砂が鳴く。
デジタルでなくアナログで乾いた自然の音がする。

鳴き砂の浜辺を取り戻そうと、数年前に「鳴き砂復活隊」を誰かが結成した。
地道な砂浜の清掃が何年も続くが想うように鳴いてくれない砂。
そんな片想いの恋に満足する隊員もいた。
町役場が立ち上がった  一千数百万円もするビーチ・クリーナーを購入した。
機械の運用は、「鳴き砂復活隊」がすることにした。

「鳴き砂復活隊」の隊員が少ない  募集しても集まらない。
人集めをあきらめた  集まった人が隊員にしよう  隊員の数が徐々に増えた。
活動日は、毎月最終日曜日の午前中  誰でも何時からでも気軽に参加できる浜辺。
砂浜の清掃が主な活動になる  人と砂にふれあいながら。

近頃は、各種団体や小中高の児童生徒も砂浜を清掃をするようになった。
いい波が立つのでサーファーも多い  彼らも浜の掃除をして帰る。
遠くから浜辺のゴミを拾いにやってくる人  家族で参加する人たちもいる。
みんな美しい砂浜を未来に伝え残したいから。
誰のものでもない海辺なのに・・・。

田舎のバスは、木与の集落を過ぎて海辺の道を走る。
山が海までせり出した美しい海岸線を・・・。
[PR]

by hama-no-koya | 2012-10-27 16:46 | Comments(0)


<< 田舎のバス~(田部)      田舎のバス~(文化ホール) >>