浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 31日

田舎のバス~(宇田郷駅)

d0159062_14323071.jpg

宇田郷駅の周りには家も何にもない。
裏山と日本海と道路があるだけ  人も滅多にいない海辺の無人駅。
構内の跨線橋はサビだらけ  クモの巣もたまに張る。
冬場は、海からの季節風をまともに受けて耐える  駅も加減にくたびれる。 
今は、朝晩の列車に高校生が数人乗るだけの駅になった。
それでも無くしたくない哀愁の宇田郷駅。

鉄道の開業時、地区内のどこに駅を造るか決まらない。
誘致に折り合いがつかない  惣郷集落と宇田集落の中間点に駅ができた。
駅名は双方の文字をとって、「宇田郷」になった説が有力。
東京にある、立川と国分寺の中間にある街駅の「国立」にどこか似ている。
長野に「姨捨駅」がある  地区名をそのまま駅名にしたから。 
そこから見える風景は、日本三大車窓らしい。


駅前に新国道が走る  そこは元ジャリ浜だった。
昔は、海に一番近い駅だったと思う。 今はその座を何処かの駅に譲った。
暮らしの中でどうでもいいことだが、珍百景に登録したかった。
なにも無い所だから、何かあってもいいかなと思う暮らし。

「青春18きっぷ」が発売されて何年かになる。
旅人が宇田郷駅に、稀だが降りることがある  次の列車まで海辺で過ごす。
何をするでもなくぼんやりしている乗り鉄さん  散策する鉄子さん。
海辺の駅には、それぞれのドラマがある。
海にいちばん近い柏崎の「青海川駅」・・・ 「高校教師」のようなせつない恋もある。
川にいちばん近い駅は、高知四万十の「打井川駅」?・・・ 川旅の想い出。

田舎のバスは、宇田郷駅を過ぎると旧国道に入る。
海辺の田舎道を決まったように・・・。
[PR]

by hama-no-koya | 2012-10-31 14:29 | Comments(0)


<< 田舎のバス~(尾無)      田舎のバス~(宇田) >>