浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 02日

田舎のバス~(尾無)

d0159062_2305544.jpg

宇田郷駅から、海沿いの旧国道をしばらく行くと尾無の集落がある。
絵に描いたような漁村風景  四季折々の海辺が喜怒哀楽に表情を変える。
人の暮らしを感じるところ  柔らかい素朴さがそこらに漂う。
なんでもない無印の美しい漁村。

仕事も恋もしている・・・  なんとなく遠くへ行きたくなった。
旅本に無い 私のいちばん行きたいところ。
いつかの夏休みを過ごした想いでの海辺へ  ぶらり旅に出かけた。
引き出しに忘れていた大切なもの・・・  忙しかったから。

宇田郷の駅に着いたのは夕方だった。
うす曇りの水平線にぼんやりした夕陽が  暮れかけた空をパステルで淡く描く。
海辺の道を歩く  田舎道をゴロゴロと旅のケースを引きながら。
意味もないのに悲しさを無性に感じる旅人。

漁師宿に着いた   ただいま~  お帰りなさい~。
旅館でもホテルでもない宿  2泊3日のマイナーで思いつきの旅。
そこにはエステも温泉も無い  漁師の民家に泊まる。
なんでもない漁村  一日を忘れてしまう不思議な海辺の空間。
街から遠く離れた尾無のたたずまい。

みじかい無目的の旅  そこに隠れている見えない感動。
歩いてきた海辺の道を二人で歩く。
さようならの言葉は いつかまた帰っておいで・・・。
[PR]

by hama-no-koya | 2012-11-02 02:31 | Comments(0)


<< 田舎のバス~(川尻)      田舎のバス~(宇田郷駅) >>