浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 29日

手掘りのトンネル




d0159062_15165531.jpg



漁村の入り口は二つある。
一つは表玄関で駅から海沿いに延びる旧国道。
もう一つは汽車の橋側から入り 手掘りトンネルを抜ける道。
その途中にトタン板のバス停がある。
過大評価で 海辺のワインディング・ロード?


トンネルを抜けるとそこは無印の漁村。
美味しい物が食べたい人 漁村でのんびりしたい人。
旅人の目的は様々。

漁村で毎日暮らしていても このトンネルには癒される。
夏場は涼しい海風が通り抜ける。
冬場は寒いけれど なぜか雰囲気だけは温かい。
そう思う村人達。

田舎で暮らせば不便かもしれない・・・
しかし不便を感じることのない日常が田舎にはある。
住み慣れた長年の場所だから。
今更他へ移れない つぶしのきかない風景と人生。

このトンネルが 街と村のイミグレーション。
そして漁村の勝手口になる。
[PR]

by hama-no-koya | 2013-05-29 15:17 | Comments(1)
Commented by at 2013-05-31 21:41 x
この間はお世話になりました。


<< 旅の入れもの      元に戻ったバス停。 >>