浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 06日

神社の裏山が崩れる。



d0159062_16453127.jpg


御山神社の裏山が大雨で崩れた。
お札を納める社と焼却炉の裏手の山が・・・
本社屋への被害は無かったが 大量の土砂が境内に崩れ溜まった。
暑さの中、神社の関係者で土砂の搬出をした。
業者に外注する手もあるが 昔から氏子がで汗水を流す神社。
村人で支える田舎の神社。




神社の裏山は照葉樹の自然林で、大きな椎木が繁茂する。
鎮守の森として今も手つかずに残る深い森。
昔からサンクチュアリのようなもの。
田舎らしさが無傷で残る。

d0159062_16444951.jpg



作業に集まった十数人はみんな高齢者。
そんな中に高知からやって来たボランティアの若者が一人いた。
人手不足を知って自ら手伝った。
手に豆を作りながら 慣れない一輪車を押した。
額に夏の汗が流れる。

御山神社の氏子総数は約100戸。
その多くは高齢者で、祭りや神社の維持管理をする。
それは何百年と続いてきた集落形態。
大切な集落の遺産でもある。

いつまでも残しておきたい風景の一つ
美しい海辺の里山。





 
[PR]

by hama-no-koya | 2013-08-06 16:07 | Comments(0)


<< 田舎で大切なものは なんだろぅ・・・      夏休みの体操 >>