浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 26日

夜明けの豪雨・・・



d0159062_4115583.jpg



夜明けに この夏二回めの大雨が降った。
豪雨の傷跡が癒えないうちに。
それでも陽は西に傾く。

前回の豪雨で決壊・仮補修した小川の土手が またやばくなった。
濁流が土嚢の土手を越えて流れる・・・
地区の消防団員が出動する。
床下浸水一戸で、なんとか被害を食い止めることができた。
団員の活動もあるが 大雨が小雨になったから。
お昼からは晴れる 手の平を返したような雨上がりの天気。


夕陽の沈む方向に見島が見える。
我が家から 漁船で一時間と少しで行ける南日本海に浮かぶ島。
近くに八里ガ瀬という好漁場がある。
20年くらい前に 50キロぐらいのクロマグロを釣ったことがある。
自己の釣り歴で最大の大物だろう。
昔の話だが、忘れることのない 今では近い思い出。

見島周辺でイカ釣りもしたが、今は漁場が遠くに思えるから行かない。
船の老朽化と自分のやる気のなさからだろう。
仮に行っても 魚資源の減少で水揚げの保証がないからそうなる。
今は安定した定置網漁を本業にするようになった。
同時に経費のかからない素潜り漁を兼業にしている。
海仕事の冒険は、確率とチャンスでする時代になったから。
漁師の大航海時代はとっくに終わった。
燃油が上がり 魚も減ったし 大海の主権が厳しい時代。
帆を張って風で走る船 順風満帆の海仕事?
田舎漁師も経営を考える時代。


沈む夕陽のその先に 大きなユーラシアの大陸があって・・・
その大地の終わりが ロカの岬
そこが海の始まり。 ・・・意味不明だが好きな言葉。
雨上がりのいつもの夕暮れ。
[PR]

by hama-no-koya | 2013-08-26 04:12 | Comments(0)


<< 雑魚の夕食      南日本海のカツオ >>