人気ブログランキング |

浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 31日

初夏のブリ




d0159062_20534443.jpg


d0159062_20331321.jpg


ブリは日本の近海にしかいない魚らしい。
年中獲れるが冬から春先にかけて漁が最盛期になる。
その頃はブリも産卵に向けて体力を蓄えるので丸々と太っている。
脂ものって味も価格も最高値になる。
寒ブリの言葉で重宝される。

産卵後の初夏の天然ブリは頭が大きく下半身が細長い。
10kg近い大物もいるが、体はやせている。
脂肪は少なくなく、味は今一歩であるがそれもブリに変わりはない。
刺し身より焼き物かフライがおすすめだろう。
そのように価格も安い。

初夏の大敷網では1歳・2歳・3歳魚のブリが混ざって獲れる。
ヒラマサも少ないが群れに混ざる。
価格はともかくブリ類は水揚げトン数が延びる。
見た目の景気は最高になるが水揚げの金額は・・・。
それでも多く獲れれば漁師は喜び楽しい。

魚は旬があって需要も変動する。
今いちばん美味しいのは、カツオもいいが大型のイサキだろう。
カマスもアジも美味しい季節。

養殖ブリは管理されて生産されるので安定した味になるが、
天然のブリは季節によって美味しさが変わる。
それが自然の節理。









by hama-no-koya | 2014-05-31 07:31 | Comments(0)


<< こんなところにヒマワリの苗      人気のないイカ >>