人気ブログランキング |

浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 27日

冬の歌

d0159062_18161971.jpg
寒い日には温かい歌が聴きたくなる。
二枚は大人のカヴァー。
ジャズのニッキがカーペンターズを歌い、
演歌の八代亜紀がジャズを唄う。

人には好みがあるが、自分にはまるCD。
ニッキのカーペンターズは、過ぎてきた青春のかがやきを思い出す。
八代亜紀はモノクロームで、重ねた大人の温もり。
どちらも歌のうまさ。
カヴァーとはディスカヴァー。
同じ曲だが歌う人が変われば別物になる。
昔、聴いたとか誰かの持ち歌でなく、聴いた印象は新曲。
田舎暮らしと融合する冬の歌。
寒空に心温まる至福。




CDは自分好みの音で聴きたい。
限られた予算で何年も経ち、機器が今のかたちにそろった。
スピーカーはダリのオプティコン。
デンマーク製で音も箱も造りがきめ細かく北欧らしい。
お手頃価格だが自国で組み立てている。
仕上がりは工員でなく職人仕事。
途上国の組み立てではあり得ない美しさと丁寧さ。
塗装はピアノブラックの色艶。






CDプレーヤーとプリ・メインアンプは国産のラックスマン。
見た目は古いが五年前ぐらいに新品購入した。
名機38シリーズの復刻版。
木箱に納められた音は、なつかしさと新しさ。
箱の中身はガラスの真空管。
女性のジャズボーカルが生々しい。
ジャズからクラシックまで本音でこなす名機。
積み重ねたものづくり。


この春、ラックスマンから新しい38シリーズだ出た。
木箱が少し横に大きくなったが、見ためやかたちは変わらない。
CDやオーディオを何十年も買い続けてきた。
その中には無駄遣いもある。
自分にはまる物は他人にもはまると思わない音楽と機器。
私に最適の組み合わせ。
その応えはダリもラックスも木の箱。


長年同居する家族も理解できないと思う?
自分だけの、そばにある楽しみ。
企画・歌手・エンジニア・オーディオメーカー・・・
気持ちが伝わる職人仕事。

大人の温もり。









by hama-no-koya | 2017-01-27 15:57 | Comments(0)


<< 冬のイカ      冬の海 >>