浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 19日

梅雨のはしり?

d0159062_07023618.jpg
雨の日は夜明けがおそい。
午前四時、いつものどおりに目が覚める漁師。
こぬか雨で音も無く妙に静かな朝。
変わらない一日の始まり。


d0159062_07025916.jpg
チューリップが終って空き地に何を植えるか考える妻。
考えても予想がつかないその夫。
明日の天気が予報できるのに、分からない他人のこころ。
それでも夏になれば漁村の路地裏に咲く花。
そこに人が暮らしているから。

裏山がそこまでせまってきた漁村。
意味も無く降る小糠の雨。
親爺の小言。

d0159062_07031087.jpg
今日は土曜日なので大敷網漁はお休み。
この頃から梅雨時期にかけてアジやイカの水揚げが最盛期入る。
漁は毎年のことだから予測ができる。
雨合羽を伝う雨。


静かな雨の夜明け。
どんよりしていても何処かに色彩を感じる。
染み付いた田舎の感性。



[PR]

by hama-no-koya | 2018-05-19 08:02 | Comments(0)


<< アジとイサキ      春と夏の間の海 >>