浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 06日

アジとイサキ

d0159062_14340422.jpg
アジやイサキは年中とれる。
同じ魚種でも、季節によって微妙な魚味がある。
年中美味しい魚だが・・・
アジやイサキは梅雨時期が一番のおすすめだろう。
長年食べてきた感じから。

漁村で生まれて何十年もアジとイサキを食べてきた。
その場数と匹数は計り知れない。
アジとイサキ、どんな味がするかと言われても答えられない。
比べるとそれぞれに時期と個性と持ち味があるから。
漁師味覚では、牛肉と豚肉の違いぐらいかそれ以上はあるだろう。
牛馬に屠殺した季節で食味の違いはあるのかなぁ?
興味本位で、漁師の身軽なたとえ話し。
刺身で食べればそれが分かる。
刺身は切っただけの生身で調理をしないから。
漁村の調味料は昔から醤油が主。

何を思ったのか、塩とレモンでアジやイサキの刺身を食べることがある。
その上から、たまにオリーブ・オイルをたらす。
単なる成り行きで意味はない。
見た目と食べた印象は、「これは刺身ではない」と妻が曰く。
我が家の食卓ではこれも刺身。

近頃はアジにも名前がついている。
萩に行けば「瀬付きアジ」、浜田では「どんちっちアジ」・・・
漁村のアジはブランドが無くても美味しい。
どことなく無垢な感じがする。
海の魚だから。


アジやイサキは、身近な大衆魚。
生でも、煮ても、焼いても美味しい魚。

私は漁師で魚屋ではない。









[PR]

by hama-no-koya | 2018-06-06 16:51 | Comments(0)


<< マイナーなカツオ      梅雨のはしり? >>