浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2018年 02月 04日

漁村の節分

d0159062_09174093.jpg
節分は季節の分かれめ
翌日から暦の上では春になる。

2月3日の朝、漁村の家人は氏神様に御参りする。
夕方になると家の神棚にお神酒と魚と炒り豆を供える。
魚は決まってクジラとイワシ。
節分に昔から大と小の魚を食べる習わしがある。
もちろん、大人は酒もいただく。
ささやかな贅沢とGNHと田舎暮らしの行事。
幸せの原点を感じる。

家長が神棚を拝み、お供えをさげると家中に豆をまく。
子供が居れば大声で「鬼は外」だが、大人暮らしは無言の豆まき。
今年はクジラが無いので神様にマグロを供えた。
できたら氏神様には地物を供える。
お礼と祈願ができるから。

昔は、クジラも大羽イワシも地で獲れていた。
クジラは高値で売れ、解体の切れ端肉は塩漬けにして家々に保存した。
大羽イワシは、寒いこの時期が漁期で刺し網で獲っていた。
イワシの多くは煮絞めにされ、肥料用に加工した。
冬の蛋白源として丸焼きにもした。
今の地元では、数年前からクジラも大羽イワシも獲れていない。
他の産でも美味しい大羽イワシ。

夏の土用に「ウナギ」を食べ、冬の土用に「イワシ」や豆を食べる習わし。
昔からある民族の食と遠周りの健康管理。
今は田舎町にも栄養士がいる。

変わらない田舎暮らし。


立春の朝、漁村に今年二回目の寒波が到来した。
今日の漁は休み。
何も考えないで写した節分の写真。
d0159062_09182825.jpg
d0159062_10051058.jpg





[PR]

by hama-no-koya | 2018-02-04 10:24 | Comments(0)