浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 13日

浜の掃除

d0159062_11120105.jpg
年間に数回だが海岸の掃除をする。
日本海側の海岸線は冬場の季節風を真面に受ける。
海を浮遊するゴミは波風に運ばれ何処かの海岸に漂着する。
変えようも無い自然のながれ。

海岸にゴミが漂着するから海がきれいになる。
浜辺は海の自然フィルター。
たまに掃除をしないと目詰まりをおこす。
だから人が掃除をする。

人が化石製品を使うようになってから浜ゴミが増えだした。
生活ゴミからロスト漁具まで様々な厄介物。
色も形も目立つ漂着ゴミ。

誰が捨てたか減ることのない漂着ゴミ。
春の日に仲間と行う浜掃除。

これも海辺の暮らし。








[PR]

by hama-no-koya | 2018-04-13 11:40 | Comments(0)
2018年 04月 06日

海の仕事(大敷網)

d0159062_17005718.jpg
彼岸が過ぎると海にも春が来る。
大敷網は定置網なので網が汚れると海の網を取り替える。
その周期は約2~3ヶ月だが状況次第で一定ではなく、
網の汚れ具合や凪しだいで変わる。

最初に作業船が側に固定した網のロープを何本も切り離す。
それから汚れた網を海から揚げ、船に取り込む。
船首の放水銃でゴミを撃ち落とし、巻き上げ機で寄せる。
大きな網を徐々に船に積み込む。


d0159062_17011713.jpg
網が揚がり終わると別の船に積んである網と入れ替える。
網を入れると作業船が網を側に固定する。
魚を獲る部分の二箱の網替え作業は約半日要するが、
その他に垣網、運動場網、一箱網、ニ箱網と網替え部分がある。
それぞれ網ごとに別の日に行う。
網が汚れると魚の入りが悪くなり、網の破損も生じる。
大敷網の仕事は複雑で手間がかかる。
複雑な手順もある。


業界の人にしか分からない大敷網の網替え作業。
他人は垣間みるだけ。





[PR]

by hama-no-koya | 2018-04-06 18:02 | Comments(0)