浜の小屋

hamanokoya.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 04日

漁村の節分

d0159062_09174093.jpg
節分は季節の分かれめ
翌日から暦の上では春になる。

2月3日の朝、漁村の家人は氏神様に御参りする。
夕方になると家の神棚にお神酒と魚と炒り豆を供える。
魚は決まってクジラとイワシ。
節分に昔から大と小の魚を食べる習わしがある。
もちろん、大人は酒もいただく。
ささやかな贅沢とGNHと田舎暮らしの行事。
幸せの原点を感じる。

家長が神棚を拝み、お供えをさげると家中に豆をまく。
子供が居れば大声で「鬼は外」だが、大人暮らしは無言の豆まき。
今年はクジラが無いので神様にマグロを供えた。
できたら氏神様には地物を供える。
お礼と祈願ができるから。

昔は、クジラも大羽イワシも地で獲れていた。
クジラは高値で売れ、解体の切れ端肉は塩漬けにして家々に保存した。
大羽イワシは、寒いこの時期が漁期で刺し網で獲っていた。
イワシの多くは煮絞めにされ、肥料用に加工した。
冬の蛋白源として丸焼きにもした。
今の地元では、数年前からクジラも大羽イワシも獲れていない。
他の産でも美味しい大羽イワシ。

夏の土用に「ウナギ」を食べ、冬の土用に「イワシ」や豆を食べる習わし。
昔からある民族の食と遠周りの健康管理。
今は田舎町にも栄養士がいる。

変わらない田舎暮らし。


立春の朝、漁村に今年二回目の寒波が到来した。
今日の漁は休み。
何も考えないで写した節分の写真。
d0159062_09182825.jpg
d0159062_10051058.jpg





[PR]

# by hama-no-koya | 2018-02-04 10:24 | Comments(0)
2018年 01月 24日

漁村の雪景色

d0159062_09572688.jpg
漁村にも雪が降る。
年間に数回だが数センチの積雪がある。
海が荒れても陸上の網仕事はできるが、雪の日は休み。
広げた網に雪が積もるから。
この冬一番の寒波が漁村に到来した。
水道管が凍るような。

荒れる模様でも、いつものように早朝から番屋に集まる漁師。
業界では出漁の可否は漁労長が判断する。
どちらともとれる曖昧な悪天候は経験や先読みで決める。
今は昔と違い、頼れる天気予報がある。
今日は迷わず悪天候の休み。


狭い漁村の路地裏。
狭苦しい風情だが風当たりはなく、なんとなく冬景色。
旅で見た雪国の漁村とはちがう。
知り合いは秋田県の八森で暮らしている・・。
同じ日本海に面した冬の海辺。
今頃が一番寒い。

寒いこの時期に福井の三国で二週間を過ごしたことがある。
海岸に漂着した重油の除去だった。
気ままな漁師だった。


d0159062_09575972.jpg
予定が無いので昼飯を外食にする。
近くの「道の駅たまがわ」に食堂が開店したから。
なんとなく行ってみたい場所。
田舎暮らしにも意味不明の必要なものがある。
おもいつきの行動がそれ。

ストレートな暮らしの中で、たまに投げるチェンジアップ。
変わらないない田舎暮らしの変化球。
勝つより負けない投球法。

チェンジ・オブ・ペース。
漁師の休日。




[PR]

# by hama-no-koya | 2018-01-24 11:02 | Comments(0)
2018年 01月 17日

町の消防団

d0159062_15435105.jpg
正月に行われる町の消防団の出初め式。
今年は隊に参列しない。
三十数年間にわたり消防団に勤続したが昨年で退団した漁師。
たとえは42,195kmを完走した市民ランナー・・・。
これまで火災だけでなく豪雨災害にも直面した。
平穏だけでない田舎暮らしの現実。
どこにいても災害はある。
災害は忘れない内にやってくる近年。

消防団員の普段は本業の家業や会社勤めをしているが、
災害が発生すると招集され現場に集結する。
地域の生命や財産を守るため。

d0159062_15442581.jpg
災害が発生すると、一番最初に現場到着するのが地元の消防団。
田舎では消防署の到着までに20〜30分はかかる。
住民が団員なので地区情報にも詳しい。

全国に消防団の組織はあるが、近頃は町の団員数が減ってきた。
田舎町の人口が減少したから。
少ない新入団員の中には移住してきた漁師も数人いる。
自らが必要性を望んで。
防災や草刈りや祭りは田舎暮らしの一部分。
交わせないもの。


地域は自治体と住民で守る。
集落には、寄せ集めの消防団協力隊の組織もある。
それも大切な田舎暮らし。






[PR]

# by hama-no-koya | 2018-01-17 16:51 | Comments(0)
2018年 01月 09日

冬のイカたち

d0159062_08465620.jpg


定置網で獲れる冬のイカ。
アオリイカ・スルメイカ・ケンサキイカ・ヤリイカなど。
寒さの中で行われる漁。
シーズンオフのない漁師の仕事。

かじかんだ指先で押した船上のシャッター。
不揃いの並んだイカたち。
どれも手頃で高級では無いが値打ちもの。
一匹だけ食べるとしたら・・・
みんなイカだが、個性がある見た目と食感と味覚。
食べてみれば分かる。
たとえれば、あなたの理想の恋人は?
好きになった人です。


それぞれのイカに最盛期はあるが、一年中そこそに獲れるイカ。
今はヤリイカの最盛期だが、イカには旬が無いかも?
いつ食っても美味しい気がする。
好き嫌いで、魚を食べない人でもイカは食べれる。
生でも、煮ても焼いても干しても美味しい。

ここ数年、イカの資源が減っている。
漁師の数も減ってきた。
とは言っても、産直所の売れ筋はイカ・アジ・・・
売り手より、買い手のニーズ。

荒れる日本海、今日はの漁はお休み。
つながれた漁船。
d0159062_10353282.jpg





[PR]

# by hama-no-koya | 2018-01-09 09:13 | Comments(0)
2018年 01月 02日

夜明け

d0159062_07513038.jpg

尾無の朝は早い
海に月が沈む新しい年の夜明け。
陽は裏山から出る。
南日本海に接する海辺の村。

良い予感がする年明け。
浜の小石は、高く積み重ねるといつか崩れてしまう。
無心に平に敷きつめる。
終りそうで終わらない地道な町づくり。
一人より二人の仲間。


d0159062_07592961.jpg
小屋の床に新しいレモンを供える。
大晦日は、ストラビンスキーの『春の祭典』で終った。
祭りのはじまりは、ファゴットのソロ。
次第に歓喜があふれるバレエ曲。
全員参加のセクション。


「ダイク」でなく「ハルサイ」で終った年の瀬。
田舎町のこれからと今。









[PR]

# by hama-no-koya | 2018-01-02 08:43 | Comments(0)